7月1日 その2138『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.07.01



都内は雲の多い朝を迎えた。



今年も前半を終えて、7月に突入だ。



時の流れは早い。



今月は参院選挙対応が中心の動きとなる。



朝の気温は23度、日中は28度の予報だ。







1)経済と政治

以前にも書いたが、

国民の皆様に、

政治や政権に何を期待するのか、

との世論調査等を行うと

「景気回復」などの経済の向上を望む声が多い。



今回、安倍政権は、

当面は経済を中心に政策を展開するという。



だから、国民の支持率がとりあえず高いことは理解できる。



====



しかし、経済の調子が良くなれば、

本当に国民は幸せになれるのだろうか。



あるいは、国民の皆様が望む、

景気回復や経済の向上とはいったい何なんだろうか。



====



政治の役割は、色々あろうが、

例えば次の三点に整理することも可能だ。



・国民を飢えさせないで幸せにする



・安全保障を確保する



・子弟を教育する



====



一方で経済は、

「財やサービスを交換する仕組み」のことだ。



経済の語源は、

「“経世済民”『世を治め、民を救う』」

 という国家統治の枢要を説いた慣用句

(東晋の古典『抱朴子』(葛洪))」に遡る。



すなわち少なくとも日本語の「経済」は、

本来、政治の原点のような意味を持っていた。



しかし今の経済の目的は、これとは違っている。



現在の経済は、





商品やサービスから得られる効用の最大化(効用主義経済)



・経済規模(生産・消費,GDP,GNP)の拡大という経済成長、



こんなことが目的になっている。



経済の目的には、

必ずしも国民の幸福は含まれていない。



すなわち、

自分の会社や商売、

あるいは自分が投資する企業の業績がどんどん伸びて、

それによって利潤が上がって関係者は喜ぶことが多いだろうが、

関係していない方々の幸せを、

経済は、一般的には考える必要がない。



経団連など経済関係団体の皆さんが、

日本経済の規模拡大を望むことは、ある種当然のことだろうが、

その規模の拡大、規模の縮小など、その動き次第によって、

国民が幸せであるか、不幸せであるかについては、

必ずしも責任を負うものではない。



現代経済は、そこに道徳性というか倫理性は、

通常、含まれないことが多い。



つまり経済と政治は同一ではないのだ。



それゆえに経済が活性化したからといって、

必ずしも国民が幸せになる保証はない。



もちろん経済が元気になることは必ずしも悪くないことだが、

それは十分条件ではなく必要条件に近いものなのだ。



====



政治は、

経済を円滑に機能させるための基盤や

諸条件を整備する必要がある。



その一方で、 経済による歪み、

つまり不平等、格差などを政治が是正し、

国民の幸せを追求しなければならない。



なぜなら経済活動には、

その役割が必ずしも含まれていないからだ。



主に政治だけが、

経済の歪みを是正し、

国民の幸せを追求する役割を担っているのだ。



だから経済と政治が同一化することは危険だ。



政治は、経済の動きを、ある種、遠くから鳥の目で俯瞰し、

国民全体、あるいは個々人の幸せを念頭においた活動を

常にしなければならないのだ。



====



世論調査などで国民の皆さんが望む景気経済の活性化は、

個々人の生活が良くなること、個々人の収入が増えることだ。



その望みは、

企業収益の増大やGDPの増加だけでは叶えられない。



逆に企業収益やGDPの増大で、

不幸になる国民がいるかもしれない。



現在の、政治家である安倍総理は、

こうしたことを考えながら政権運営に携わっているだろうか。



私には、甚だ心もとない印象を受ける。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・7・1 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください