7月15日 その2152『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.07.15



昨日は、道内を遊説中の党の政策宣伝車
に、

福原賢孝道議会議員と一緒に乗り込んだ。



せたな町、八雲町熊石、乙部町、

厚沢部町、江差町、上ノ国町を回り、

夜遅く、松前町の旅館に到着した。



そのため今朝は、松前町での朝だ。



目が覚めて窓を開け放つと、

爽やかな空気が部屋に流れ込んでくる。



今の気温は19度程度だ。



道路が濡れているから、

夜半過ぎには雨になったようだが、

今は降っていない。



日中は晴れ間が広がり、

最高気温は25度程度になる見込みだ。







1)遊説

広い範囲を対象とする選挙遊説は、

なかなか苛酷だ。



昨日から、私が乗り込んでいる政策宣伝車は、

17日間の選挙期間中、全道を走り回る。



それはさながら、各地を回る旅芸人の集団のようだ。



2名の運転手さん、数名のマイクスタッフの皆さん、

さらに全体の動きを統括する担当など8名程度で構成される。



これらの皆さんが、一団となって、全道遊説を続ける。



一度、宣伝車が動き出すと、自宅に帰らずに、

各地を泊り歩いての活動だ。



この間、各衆院障選挙区毎に、

支部長や地域選出道議会議員が、

それぞれ乗り込んで、マイクを握る。

(昨日から今日夜まで、8区管内に入るため、私が乗り込むと同時に、

笹田浩道議、長尾信秀道議など、それぞれ自治体の選挙区で同乗し、

我々の政策を訴えるのだ。)



こんな雰囲気で、全道遊説が続く。



====



昨夜、上ノ国町で最後の街宣を終えて、

マイク遊説が許される20時ギリギリまで、

上ノ国町内を車で回った。



その後、今日の出発場所となる松前町に夜遅く入る。



皆で、宣伝車から荷物をおろして今日に向けた準備を行う。



その後、全員がそろって遅い夕食を頂く。



私も、昨日は、10箇所で街宣を行ったり、

移動中もずっとマイクを握っていたため、

若干の疲労感があり、

食事後は、布団に吸い込まれるように眠ってしまった。



====



私は、2日間だけの応援弁士だが、

宣伝車のスタッフの皆さんは、

こうした活動が17日間も続くのだ。



今日は、松前町を出発し、福島町、知内町、木古内町、

北斗市、函館市、七飯町、鹿部町、森町、八雲町を経て、

20時に長万部で終了となる。



この間、各地で街宣活動を行う予定だ。







2)交戦権

テレビの討論会などで、

交戦権という言葉が使われることがある。



交戦権の概念は、なかなか難しい。、



使う方によって、

その意味が違っているのだろうと感ずることも多い。



したがって、交戦権に関する議論は、

しばしばか嚙み合わないのだ。



====



手もとの辞書では、



〔戦争当事国として、

あるいは敵の侵入に対する防衛手段として〕

戦争をすることができる国家の権利。



との記述がある。



日本国憲法の解釈をする際の交戦権は、

上記の意味で、ほぼ問題がないものだと思う。

(もちろん異論もあるが。)



====



しかし、国際法の文脈で議論している場合は、

この交戦権の意味ではない。



それは、平時には認められない行為が、

交戦状態になれば、

交戦国・交戦団体に対して認められる権利のことだ。



具体的には、次のようなことだと言われている。





敵戦力の破壊および殺害





中立国の船舶に対しての国防上の要請から、

もしくは戦時禁制品の取り締まりなどのための

海上封鎖、臨検や拿捕





捕虜の抑留





占領地で軍政を敷き、

敵国民やその財産についての一定の強制措置



====



つまりもっと具体的に言うと、



戦争時には、敵対する軍人の殺戮も正当化される。



戦線布告した国は、公海で第三国の臨検拿捕できる。



敵国の占領地で行政管理をすることが、

軍隊の権限として認められる



など、普段は認められないが、

交戦時には認められる

いくつかの権利の総称を交戦権と呼んでいるようだ。



====



こうした違いも含め、交戦権の定義は難しいのだが、

これらの機微が分からずに議論していると思われる場面では、

もちろん全く議論が深まらない。



注意しなければならない。







3)JR北海道

昨日、JR北海道の快速列車から、

ゴムが焦げるような異臭がして、

列車の運行が取りやめになっている。



最近、JR北海道では事故が頻発している。



早急な対策と安全体制の確立が必要必須だ。







4)TPP

今日から、マレーシアで、TPP参加国による交渉が、

25日までの日程で行われる。



日本は23日の午後から2日半のみの参加となる。



しかも交渉内容は明らかにされない。



こんな交渉のどこが民主的と言うのか…、

私には理解できない。







参院選挙も終盤に入る。



今日も8時から20時まで、

全力で遊説活動を行う。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・7・15 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください