7月28日 その2165『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.07.28



昨夕から、

いけまぜ夏フェス

2013inよいちに参加してい.



今朝は、余市紅志高校の教室で朝を迎えた。



学校独特のにおいのする床に寝転がって一晩を過ごしたが、

昔と違って今の学校は綺麗だ。



空全体に雲が広がっているが、

雲の切れ間から青空が見える。



今の気温は21度程度。



朝から午前は雲が多いが、

次第に晴れ間が多くなるとの予報だ。



日中は27度程度になる見込みだ。







1)いけまぜ

「いけまぜ」は、

障がい児の皆さんを中心とする、

一泊2日間の屋外活動をメインする宿泊イベントだ。



このイベントを提唱する小児脳外科医の

高橋義男先生の理念に共鳴し、

数年前から応援しているが、

私自身、一泊するのは初めてだ。



==以下は開催要領からの引用==



障がい児だって健常児と同じ感情を持っています。



もっと「外に出たい!」「何かしたい!」そんな思いを持ちながら、

障がいがあるということだけで、

あきらめなければならない子どもたちが数多くいます。



そんなこどもたちが自由に飛び出していける社会を創るためには、

何が一番大切だと思いますか?



それはスロープでもなく、エレベーターでもなく、

「人が理解してくれること」だと私たちは思っています。



彼らが私たちと同じ感情をもち、同じように楽しいことを楽しんで、

生きたいと思っている、と真に理解すること。



そして、たとえ歩けなくても、話せなくても、

彼らにもたくさんの能力があるということ。



それらを社会一般の人が理解することで、

彼らの「真の障害」をクリアすることができる、

と私たちは思っています。



できるだけ多くの人に、障がい児と接する機会をもってもらい、

それを肌で感じていただけたら、

そして、彼らと楽しい時間を共有してくれたら、

また、その時間を自分自身の糧にしてくれたら、と思います。



そんな「いけまぜ」の世界は誰もが少しずつ助け合って生きる、

優しい社会。そんな時代が早く来ることを願って・・・。



== 以上、引用終了 ==



「いけまぜ」、ちょっと聞き慣れない言葉だ。



私も最初、この言葉を聞いた時、

「??」という印象だった。



これは、障がいのある方も、ない人も、



「生きる、混ざる」、



それが「いけまぜ」なのだ。



みんな同じ人間だべ、

それが北海道のいろんな地域に広がってほしい。



そんな思いがつまった、

北海道の夏のキャンプイベント。



以下、関連HP。



http://homepage3.nifty.com/ikemaze-niwatoriclub/3.htm



https://www.facebook.com/niwatoriclub?ref=hl



====



今日も朝から「いけまぜ」に参加だ。







2)政治不在

政治が機能していない。



今の時期、

そんなことを思っている人は、多くないと思う。



安倍政権の経済政策も上手く行っているようだし、

総理も世界を駆け巡り外交活動に奔走している。



だから政治が機能していないなんてとんでもない話であり、

十分に機能していると感じている方は多いのではないか。



しかし私は、政治が機能していないと、

強い危機感を持っている。



====



経済の目的は、

モノ、サービスや情報等のやり取りを通して、

そこから効果的、効率的に利益を最大化すること、

及びその経済規模の拡大と言わている。



この経済は、原則的に、

社会の不都合を是正したり、

経済合理性に合致しない活動を行うことはない。



地域や個人、法人や団体間の格差があろうが、

それらを是正する役割を経済は持っていない。



人間が生きるために最低限必要なモノやサービス等を、

経済合理性を度外視して提供する義務も経済は負っていない。



資本主義自由社会において、

経済活動が活発化することは、

原則として喜ばしいことだが、

その活動によって生じた社会の歪みや

不都合を解決するのは経済ではない。



経済活動が活発化し、

景気が良くなっただけで、

多くの国民が必ずしも幸せになるとは限らない。



経済活動による社会の歪みや不都合を是正し、

どうすれば多くの国民が幸せになれるかを考え、実行する役割は、

主に経済以外が果たさねばならない。



その中心を担うのが政治なのだ。



しかし今は、景気が良くなれば、

多くの国民が幸せになれると勘違いし、

経済の動きにばかり目を奪われて、

真の政治の役割を見失っている。



特に安倍政権からは、

その真の政治の役割を放棄したかの印象を受ける。



まさに政治の不在なのだ。



====



外交も然りだ。



経済団体を引き連れて、多くの国を回り、

モノを売り込んだり、原材料の購入をするなど、

一見、外交の成果が上がっているようだ。



もちろんこれは必ずしも悪いことではない。



しかし、経済の取引は、

その時、その場の損得勘定に左右され、

それは永続的な信頼関係に繋がることばかりではない。



ましてや、日本国内において事故収束が出来ず、

賛否の色々ある原子力発電所を売り込むことは、

人としての倫理にもとるものだ。



外交においては経済も重要だが、

さまざまな分野を通し、

お互いの立場の違いを乗り越えて、

永続的な信頼関係を築き上げることが重要だ。



モノ等の売り買いが成立することも重要だが、

外交の神髄は、打算を乗り越えた、信頼関係を築くことだ。



それを大きく担うのが政治だ。



安倍政権の外交を見ていると、

前近代的、重商主義的な

短期的自国の利益を追求している姿にしか見えない。



もちろんこれは、経済という側面からは、

必ずしも否定されないことだが、

政治が担うべき役割は、

この経済的利益を超越した真の信頼関係の構築だ。



さらにもう一つ外交において重要なことがある。



それは隣近所、近い国の皆さんとの関係だ。



外交の出発点、肝要な点は、

近隣諸国とどれほど仲良くやれているかだ。



ところが現在、日中、日韓は、

二進も三進も行かない状況になっているばかりか、

安倍総理のいう毅然とした態度に拘るあまり、

その打開の道は必ずしも見えない。



今は、外交の基本部分に、

政治の役割が欠落している。



====



今の時期に、政治が機能していないなんて、

多くの人は信じられないかもしれないが、

政治の真の役割を思えば、思うほど、

政治が機能していないと思わざるを得ない。



====



政治とは、

合理的に答えの出ることばかりをやることではない。



経済や社会一般の合理性、

論理性を超えたところに政治の役割があり、

それだからこそ、政治は面倒で厄介なものなのだ。



今の純粋で理論的な政治家には、

このことが分かっていないような印象を受ける。



特に安倍政権や我が党の一部の政治家からは、

政治の真の役割を理解していない印象を強く受ける。



だからこそ、古臭い政治家が、

頑張らねばならないのだ。







今日は「いけまぜ」に参加し、

夜には帰函する予定だ。



函館はGLAYで、

きっと大盛り上がりのことと思う。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・7・28 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 7月28日 その2165『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください