8月3日 その2171『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.08.03



昨夜、江差町で、自治体職員の皆さんに、

憲法と原子力に対する講演を行った。



当初、江差町で宿泊の予定だったが、

今日は八雲町でイベントに出席すること等もあり、

予定を変更して、昨夜遅く、帰函した。



====



この時期、全国の自治体では、

様々な夏のお祭り、イベントが開催されている。



多くの皆さんのHPなどでは、その情報が満載だ。



函館も過日のGLAYのコンサートに引き続き、

港まつりが開催中だ。



今日も「ワッショイ函館【堀川・五稜郭コース】」が実施される。



函館港まつりのHP:http://www.hakodate-minatomatsuri.org/







1)内閣法制局長官

安倍総理は、憲法改正に極めて熱心な上、

憲法解釈を変更して、

閣議決定によって、

集団的自衛権の行使を容認する方向だと、

報道されている。



昨年4月に発表された自民党の憲法改正草案、

ここ十年あまりの安倍総理の憲法に関する発言などを勘案すると、

安倍総理は、立憲主義を理解しているのかどうか、極めて危うい。



しかも安倍総理などの言動は、

憲法を擁護し尊重する義務(憲法第99条)に照らし合わせると、

決して適切とは言えない印象をうける。



====



こんな状況の中で、

昨日、驚くべきニュースが飛び込んできた。



集団的自衛権の憲法解釈の見直しに積極的な方を、

内閣法制局長官に起用するというのだ。



現在の山本庸幸内閣法制局長官は、

従来の政府解釈(集団的自衛権は認められない)を堅持する立場だった。



その山本内閣法制局長官が退任し、

後任に小松一郎駐仏大使を充てるという。



小松氏は外務省出身。



小松氏は、

これまでも集団的自衛権の見直し、

容認に積極的だったという。



法制局長官の後任には、次長がそのまま昇格するのが慣例だが、

小松氏は法制局の勤務経験はなく、異例の人事となる。



自民党の石破茂幹事長は昨日の記者会見で、

小松氏の起用に関し



「国際法のみならず国内法の知見も十分だ。

集団的自衛権を行使できるようにするという

わが党の立場からすれば、極めてふさわしい人材を得た」



と述べたようだ。



====



国民が関与できない中で、

平和憲法の根幹が変更されるという恐ろしい事実。



選挙中には、こうしたことに言及もせず、

選挙で大勝したら国家の根幹に関わる重大なことを行う。



これが民主主義国家なのだろうか。



しかも日本を貫く根幹とも言える平和の理念が、

国民不在のまま変質し兼ねない。



この愚挙に対して、大きな声を上げねばならない。







2)清流日本一

国が管理する全国163河川の938地点で実施した

2012年の水質ランキングで、

尻別川と後志利別川は4年連続で日本一の清流となった。



両河川ともBODの年間平均値が、

1リットル当たり0・5ミリグラム以下。



生活排水などで汚染されていない水質とされる1ミリグラムを大きく下回ってい
る。



両河川とも私の身近にある河川であり、

嬉しいことだ。







3)放射性物質

東京電力は昨日、

福島第一原発で事故後の2011年5月以降、

地下水を通じて海に漏れ出た放射性トリチウムが、

20兆〜40兆ベクレルに達するとの試算結果を発表している。



事故前に運転で1年間で放出されていた量の

約10〜100倍にだという。



東電は、より環境に影響を与えやすい

ストロンチウムの流出量についても

今後、試算するという。



====



福島第一原発の状況がどうなっているのか、

断片的な状況が五月雨的に発表はされる。



しかし全体を俯瞰する、

全体状況を把握できる情報が必ずしも存在しない。



発表される情報を見る限り、

現場では場当たり的な対応の連続であり、

将来を見通せていないのだろうと推測せざるを得ない。







今日も地元で活動が続く。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・8・3 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください