第26回反核平和の火リレー

掲載日:2013.08.02

8月2日(金)今年、第26回目となる反核平和の火リレーが、渡島・檜山管内でも行われました。反核平和の火リレーとは、1982年に始まり、広島の平和記念公園に燃え続ける「平和の灯」をトーチに掲げ、反核平和を訴えながら全国を走りつなぐ取り組みです。逢坂誠二も函館市役所前集会でご挨拶した後、江差町での檜山地区前夜祭の中で、憲法・原子力問題について講演。また、交流会にも参加させていただきました。関係者の皆さん、どうもありがとうございました。

この後、リレーは8/9に札幌でゴールを迎えます。