3月24日 その1339『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.03.24



日の出の時刻が随分と早くなってきました。
東京の今日の日の出は、5時40分です。

今日も引き続き震災対応モードです。

地震と津波に加え、原子力発電所のトラブルがあるため、
今後、通常の震災以上にこうした状態が長く続きます。

この体制の中で、ルーティンをこなす仕組みを構築しなければなりません。

今日は、衆院、参院の両方で総務委員会が予定され、
いずれにも出席の予定です。

私の答弁も予定されています。

====

2009年の衆議院選挙で、
1票の価値に最大で2倍を超える格差があることに関し、
最高裁判所大法廷は、憲法違反の状態だという判決を
昨日、言い渡しています。

この裁判は、1票の価値に最大で2.3倍の格差があったことについて、
弁護士グループが「選挙権の平等を保障した憲法に反する」と主張して、
選挙を無効にするよう求めていました。

判決で、最高裁判所大法廷の竹崎裁判長は、
人口の少ない県への配慮から、
すべての都道府県にまず1議席を割り当てる「1人別枠方式」について、
「議員はどの地域から選出されたかにかかわらず、
全国民を代表して国政に関与することが求められており、
もはやその合理性は失われている」と指摘し、
「『1人別枠方式』が主な要因となって、
格差が2倍以上の選挙区の数も増えており、
憲法の投票価値の平等の要求に反する状態に至っていた」として、
憲法違反の状態だという判断を示したのです。

一方で、選挙の無効については訴えを退けています。

この判決の中で
「できるだけ速やかに『1人別枠方式』を廃止するなど、立法的な措置が必要
だ」と、
選挙制度そのものの見直しを求めています。

====

この判決により、 今後、格差の抜本的な解消を求められることになったことは
事実です。

さらに個人的に色々と思うことはありますが、言及は控えます。



さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・3・24 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月24日 その1339『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください