8月13日 その2181『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.08.13



相変わらず、全国的に暑い日が続く。



昨日、高知の四万十市では、

日本の観測史上最高となる41度を記録した。



この気温ならば、常時、風呂に浸かっているのと同じか、

それ以上の暑さの中にいることになる。



正式な気温は、

風通しや日当たりの良い場所で、

芝生の上1.5mの位置で、

直射日光に当たらないようにして観測される。



つまり正式な気温は、アスファルト面とか、

直射日光のあたる部分に比較すれば、

低めになるのが通常だ。



したがって正式な観測で41度となれば、

屋外で活動する方々は、

たぶん41度以上の温度を感じつつ、

動き回ることになる。



常時入浴状態以上のことになっているのだろう。



====



今日も全国的に暑い日が続くが、

さすがに北海道は、

予想最高気温が30度を上回っている地域は無いようだ。







1)憲法

安倍総理は、やはり憲法を理解していないと言わざるを得ない。



====



昨日、山口県で、



「憲法改正に向けてがんばっていく。

 これが私の歴史的な使命だ」



と安倍総理が熱弁をふるったと報じられている。



====



憲法第99条によって、

憲法を擁護し尊重する義務が

課せられる現職の総理自らがこうした発言をするのは、

何とも違和感がある。



憲法を改正するのは、総理の仕事ではない。



この認識が、安倍総理には、完璧に欠落している。







2)GDP

内閣府が昨日、

2013年4〜6月期国民所得統計1次速報を発表した。



それによると、

実質GDPは前期比プラス0.6%、

年率換算プラス2.6%となった。



3期連続でのプラスだ。



しかし設備投資などが前期比で低下、

1〜3月の年率プラス3.8%からは減速している。



名目成長が実質成長を下回る

「名実逆転」は2012年7〜9月期以来、

3期ぶりに解消した。



====



この数値を見て、消費増税に踏み込めるかどうか、

極めて微妙なラインに来ている。



それはGDP伸びの内容が、必ずしも、

先行きに安定感のあるものではないからだ。



企業設備投資はマイナス0.1%だ。



2012年1〜3月期以降、

6・四半期連続でマイナスだ。



船舶や自動車が弱く、建設関連がプラスだという。



官公需は、

公的固定資本形成がプラス1.8%と高い伸びとなった。



10兆円を超す大型補正補正予算による

公共工事が統計に計上されたためだろうが、

これは予算が底を尽けば、息切れとなる可能性が高い。



また一人当たりの給与水準を示す、

4〜6月期の現金給与総額は、

横ばいのままだった。



====



こうした中で、本当に消費増税ができるのか、

判断の正念場を迎える。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・8・13 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください