8月14日 その2182『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.08.14



今日も暑い日が続く。







1)違和感

こんな暑い日が続くのに、

昨年、一昨年とあれほどかまびすしく叫ばれた節電の掛け声が、

大量の蝉が死んだように、ぱたりと止んでしまった。



これはどうしたことなのだろうか。



もちろん、休んでいた火力発電所の再稼働問題など、

原子力発電の休止を補うため、

電力の確保に奔走していたのが、

一昨年だったから、

かまびすしい節電の声は理解もできる。



3年目の夏に入って、

そうした電力の確保に目途がつき、

節電の声が、

昨年、一昨年ほど不要になったのだろう。



しかしだ、電力が足りようと、足りまいと、

節電は、地球上の資源のことを思うと、

当たり前のように必要なことだ。



さらに大量に電力を発生する原子力発電所が、

ほとんど稼働していなくとも、

結果として電力量が確保できている。



私たちは、

この事実をどう受け止めるべきなのか。



3.11以降、

あれほどのエネルギーの危機を体験した日本から、

3年目の夏に、節電の声が一気に失せていることに、

何とも言えない違和感を感ずる。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・8・14 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 8月14日 その2182『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください