8月18日 その2186『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.08.18



八雲町内の函館線でのJR貨物の脱線は、

道内の旅客と貨物輸送に大きな影響を与えてる。



事故現場は、今月9日の雨でも不通となった箇所。



雨による脆弱性が明らかになっており、

早期の復旧と合わせて、

抜本的な脆弱性回避の取り組みが求められる。







1)ガソリン

福知山市での花火大会の爆発事故で、

被害に遭った女性が亡くなった。



心からご冥福をお祈りする。



今回の事故を通して、

社会全体のガソリンに対する認識の甘さを痛感している。



ニュースなどでも、ガソリンに引火したと報じているが、

ガソリンの場合は引火では、

爆発と表現した方がより現実に合致している。



灯油とは違い、

ガソリンは完全な爆発物との認識を持つべきだ。







2)日本は何処へ

昨年の衆院選挙、そして7月の参院選挙、

「日本をとりもどす」、「強い日本」など、

日本のことを物凄く考えているらしい自民党が大勝ちした。



しかし、私は以前から、

自民党は日本のことを本当に考えているのかどうか、

相当に怪しいと思っていた。



私が子どものころ、我が家に来る自民党の代議士は、

確かに地方や我々のことを気にしてくれていたような気がする。



そんなこともあり私も一時期、

政治と言えば自民党だろうと思った時期もあった。



====



だが今、自民党は

本当に日本のことを考えているのだろうかと

疑問に思っている。



憲法改正、

集団的自衛権の容認、

TPPへの参加、

原子力政策の推進、

教育委員会制度の変更など、

これらは本当に日本のためのことなのか。



これらはどう考えても、日本のためではない。



これらによってプラスになるのは、

アメリカ…、なのではないか。



この場に書きたくはない言葉だが、

「売国奴」と、私もネット上で攻められることがある。



私ごときが、そんな言葉で攻められても屁でもないが、

本当の売国奴は誰なのか、

それは自民党なのではないのか、



====



6月、TPPに反対する声の大きな街頭集会を踏まえ、

次のようにTwiitterとFacebookに書いた政治家がいたという。



「渋谷には本当に沢山の皆さんが集まって頂き感激しました。聴衆の中に左翼の
人達が入って来ていて、マイクと太鼓で憎しみ込めて(笑)がなって一生懸命演説
妨害してましたが、かえってみんなファイトが湧いて盛り上がりました。ありが
とう。前の方にいた子供に「うるさい」と一喝されてました。立派。彼らは恥ず
かしい大人の代表たちでした。」



通常、不特定多数の方が集まる街頭演説で、

聴衆の一部であったとしても、

その方々を「左翼」と断ずるような発言をすることは、

私にはあり得ない。



なぜならば左翼の定義は必ずしも明確なものではないし、

国家を愛する私としては、

国民を分断するようなそんな言葉は使いたくない。



さらに聴衆の皆さんに

「恥ずかしい大人」などとは、

口が裂けても言えない。



国家を、日本を本当に愛する方なら、

国民をまとめる方向とは間逆な、

こんな発言はできないはずだ。



====



この書き込みをしたのは、

安倍総理自身だが、

私が総理ならこんなことはできない。



国民のことを、

日本のことを思えば思うほど、

さらに責任ある立場であればあるほど、

このような書き込みはできない。



総理の目は、自民党の目は、

本当にどこを向いているか…。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・8・18 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




3 Responses to 8月18日 その2186『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください