8月20日 その2188『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.08.20



不通となっていた、JR函館線が、

昨夕、やっと開通した。



旅客への影響はもとより、

貨物輸送のコンテナ1900個が道内に足止めされたという。



北海道産野菜の本州向け出荷の40%が、

JR貨物を利用しており、

一たび大動脈が止まると、

その影響は計り知れない。







1)規制緩和

規制緩和一辺倒で、社会は良くならない。



規制と規制緩和、その両面を見極めて、

社会全体を考えることが重要だが、

そんな雰囲気がやっと、ちょっとだけ見えてきた。



====



小泉政権下で、タクシー業に関する規制緩和が一気に進んだ。



その影響で、全国の各地のタクシー業界は苦境に陥った。



今回、民主、自民、の3党が、、

国がタクシーの台数制限を事実上義務づける

「タクシーサービス向上法案」で合意した。



規制緩和による競争激化で、

悪化した運転手の労働条件の改善が目的だ。



「小泉構造改革」の象徴の一つだった

タクシーの規制緩和を抜本的に見直すこととなり安堵している。



今回の新法が成立すれば、

小泉改革下でのタクシーの規制緩和の内容は

ほぼ否定されることになる。



規制緩和による自由競争で経済が活性化し

全体が底上げされるという小泉改革の基本的な考え方に

一定の限界があることを与党も認めたという。



規制緩和は重要なことだが、

それだけでは社会は良くならず、

分野ごとに、

その適用度合いを冷静に判断する必要がある。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・8・20 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください