3月28日 その1343『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.03.28



今朝も都内は、日差しの強い朝を迎えまし
た。

目覚めると同時に、テレビやネットを見て、
被災地や原発に関する新しい動きをチェックする日々が続きます。

被災地の皆さんのことを思うとやり切れない日々が続きます。

3.11以降(被災地の皆さんに比較すればとるに足らないことですが)、
私自身の生活も大きく変化しています。
日常の仕事、生活の基本が震災対応になっています。
震災発生前の3月5、6日以降、週末も地元に帰ることができていません。

とにかく少しでも早く復旧に向けた取り組みを行い、
新たな地域づくりのために全力を尽くさねばなりません。

====

しかし原発に関する動きは不穏です。

昨日も「放射能1千万倍」という、
信じられないニュースが流れたかと思うと、
深夜になって訂正が入りました。

現場が様々混乱しているとの想像はつきますが、
情報の把握、発信に不安を覚えずにはいられません。

さらに原発周辺地域のことを考えると、
その先行きが気掛かりで暗澹たる気持ちになります。

しかし前に進まねばなりません。


震災に関し今日も衆院では委員会が予定されています。


現在、震災のニュースが大きく取り上げられますが、
震災以外の様々なことにも目配りが必要となっています。

心を研ぎ澄ませての対応が迫られています。



さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・3・28 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月28日 その1343『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください