8月23日 その2191『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.08.23



今日は処暑。



函館の暑さもひと段落し、

今日の予想最高気温は26度だ。







1)豪雨被害

一昨日に引き続き、

昨日も道南地域の豪雨被害の状況把握に歩いている。



農地災害、畑が水に洗堀されて、

圃場に段差ができたところが多い。



さらに畑への土砂の流入も多く、

大根、ブロッコリーなどの収穫に大きな影響が出ている。



また農道も洗掘によって、通行不能となっている箇所も多い。



====



落部川などでは、

大量の倒木が流れ、

それが海にまで流れ着いている。



そのため漁船の航行に支障が出ているほか、

ホタテ養殖施設への悪影響が懸念されている。



特に水流が強かったためか、

流木が沖合に分散しているほか、

河川上流には倒木が多く、

今後、多少の雨でも流木が海に流れ出すおそれがある。



河川倒木の除去が必要との指摘が多い。



またサケ定置網漁が、近日中に始まる予定だが、

それに対する影響も懸念されている。



====



二日間の被害状況把握を通して、

一次産業への被害は、地元自治体とも連絡を密にして、

最大限の対応ができるよう、

力を尽くして対応することとしている。



====



JR函館線の八雲町熱田川氾濫現場も調査した。



目視による感覚では、

国道横断の熱田川の流量断面が如何にも小さい。



これが障害となって、

水が溢れ、それが線路に流れ込んでいる。



国道、JRを横断する熱田川の流量断面を、

大きくしなければ抜本解決にはならないのではと思う。



この箇所のJR不通事故は、道南地域だけの問題ではない。



ここは道内の貨客輸送の大動脈であり、

これが不通になれば、

道内への生活物資と旅客の輸送に大きな影響が生ずる。



加えて本州への生鮮食品などの輸送にも多大な影響がある。



つまり八雲地域の函館線の不通は、

全北海道的、あるいは本州も含む、

極めて広範囲に影響が及ぶ問題だ。



そのため、国やJRなどの関係機関に対して、

抜本的な対策を講ずるよう要請するとともに、

抜本対策までの間の応急対策についても、

早急な対応を求めることとしている。



そうしなければ、多少の雨でも、

また次の災害が発生が予想される。



====



二日間に渡って、

管内の被災箇所の現状把握に歩き、

多くの皆さんにお世話になった。



そのことの感謝申し上げると同時に、

被害状況からの一日も早い復旧に

努力をすることとしている。







イチローが、

日米通じての4千本安打を達成した。

信じられない偉業だ。



イチローのあのストイックな姿勢から

多くのことを学びたいと思う。







今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・8・23 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください