8月27日 その2195『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.08.27



全道的に、気温の高い状態が続いていた
が、

ここ数日、秋の気配が広がりつつある。



北海道の日中、

最高気温が30度に届くことはない。



しかし今夕には、

全道各地で雨になったり、雷になったりと、

大気が不安定な状態は相変わらずのようだ。







1)海水温

昨日は、小川勝也参議院議員とともに、

函館市内を走り回っている。



朝夕には街宣を行い、

夜は国政報告会も実施した。



====



行く先々で、異口同音に指摘されたのは、

海水温の高さだ。



これによって、

釣り上げたイカを船の生け簀に入れても死んでしまう。



北海馬糞ウニが捕れない。



昆布の生育が悪い。



定置網で、フグが捕れるなど、魚種の変化がある。



====



こんな海の異変が伝えられた。



多くの方々が、最近の激烈な天候をはじめ、

とにかく何か地球に大きな変化が起きているのではいないかと、

感じつつある。







2)はだしのゲン

松江市立小中学校の図書室で、

漫画「はだしのゲン」の閲覧制限が撤回されることになった。



「はだしのゲン」は、

漫画家の中沢啓治さんが、

広島の爆心地付近で被爆し、

父や姉、弟、妹を亡くした体験を基に描いた自伝的作品。



1973年に少年ジャンプに連載を始め、

私も、中学一年生の頃にジャンプで読んだ記憶がある。



単行本は650万部を超すベストセラーであり、

約20カ国語に翻訳されているという。



====



昨年12月、市教委が、

「作品中の暴力描写が過激」などとして、

閉架図書にするように市立小中学校の校長会で要請したが、

対応にばらつきがあったため、

市教委は1月の校長会で閉架を徹底するよう再び要請していた。



要請は市教委事務局レベルの判断で決められたものであり、

教育委員会会議に報告されていなかった。



====



私は、この騒ぎについて、幾つかの問題を感じている。





日本には表現の自由に合わせて、

表現されたものを自由に利用できるという

図書利用の自由がある





今回の閲覧制限は、この自由を侵害するものだ





特に「はだしのゲン」は、漫画という手法を通して、

戦争や原爆の悲惨さ、怖さを多くの人に伝える貴重な作品だ





戦争や原爆の現実を知ってもらうため、

「はだしのゲン」は、閲覧制限どころか、

多くの人に読んでもらいたいと考えている方も多いのではないか





作品の評価がどうであれ、

閲覧制限という異常事態に唖然とするしかない



====





今回の閲覧制限が、

教育委員会議を経ず、

教育委員会事務局だけの判断で行っていることは、

現在の教育委員会制度に照らし合わせると、

決して適切とはいえない可能性がある



====





文部科学大臣が、

今回の閲覧制限に理解を示していること



====



表現の自由とともに、

私たちにはそれらを利活用できる自由がある。



それらの自由を制限することは、

相当に特殊な事例に、

ごく極、限られると、私は考えている。







3)自動車取得税

自動車取得税は、

平成25年度与党税制改正大綱で、

消費税率が10%へ上がる時点で廃止が決まったという。



この決定は如何にも安易だ。



これによって、地方税収が約2千億円減収となる。



その代替財源など減収対策を示さずに、

廃止を決めることは、暴挙としか言いようがない。



私が与党時代にも、自動車取得税廃止の議論があったが、

地方税収に対する配慮がなければ、それは廃止できないと、

相当に激しい議論を行ない、なんとか押しとどめていた。



とにかく地方歳入減収対策が急務だ。







今日は、過日の八雲町でのJR函館線不通に関連し、

JRや国などに対して、

札幌市内で要請活動を行う予定だ。



今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・8・27 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 8月27日 その2195『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください