8月28日 その2196『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.08.28



函館は、雲のないスッキリした朝を迎え
た。



今の気温は17度程度だ。



日中は27度と夏日だが、

最高気温は確実に下がっている。







1)要請活動

昨日は、急遽予定を変更し、

過日の渡島桧山管内の集中豪雨被害復旧等に関し、

関係機関への要請活動を行った。



====



北海道庁では、

まず農業や水産業への被害への丁寧な対応をお願いした。



JR函館線の八雲町熱田川付近の貨物脱線事故は、

JR、国、八雲町が関係する事故だが、

北海道全体への影響も大きい。



さらに今後の熱田川の河川改修なども視野に入り、

北海道庁に対しても、当事者意識を持って、

JRの災害対策に当たるよう要請している。



====



JR北海道本社と、北海道開発局に対しては、

熱田川付近の災害は、3年前にも発生しており、

その後、抜本対策に至っていない。



そのためJR、国、町、それに道が、

協力して、抜本対策を行うよう要請した。



====



前にも書いたが、

JR函館線の八雲町での不通事故は、

八雲地域だけの問題ではない。



全道的、あるいは本州にも大きく影響があり、

社会的、経済的な大問題だ。



関係機関の皆さんには、昨日の要請をとおして、

そのことを強く認識頂き、

早急な対応について、

前向きな回答を頂いている。



====



要請活動に参加したのは、

笹田浩道議(第8総支部副代表)、

勝部賢志道議(道連幹事長)、

須田靖子道議(道連道民生活局長)、

それに事務局の保村さん、田中さんだ。



====



ところで昨日の札幌午前は、

気温も高く快晴に近い素晴らしい天候だった。



ところが正午頃から暗雲が立ち込め、

街じゅうが、冬の吹雪のように真っ白に染まる激しい雷雨となった。



札幌市の大通公園付近の道路は、

一気に雨水が溢れ、人が歩けないほどの状態になった。



幸い20、30分程度で、その豪雨は止んだが、

あの雨が1時間も2時間も続いていたらと思うと、

ゾッとする。



と安堵していたら、

苫小牧などはもっと激しい状況になっていた。



JR千歳線の運休や停電もあった。



気象がかつて体験したことのない領域に入っている。







2)TPP

マレーシアのマハティール元首相の

TPPに関する発言は傾聴に値する。



====





TPPに署名すれば、外国の干渉なしでは

国家としての決定ができなくなり、

再び植民地化を招くようなものだ





TPPではマレーシアよりも

アメリカのほうがはるかに多くの恩恵を受ける





TPPは、経済成長を続ける中国の脅威に対抗するため、

アジア太平洋地域の国々を

自国の勢力圏に取り込もうとするアメリカの企てにすぎない





マレーシアがTPPに署名すれば、

外国の干渉なしでは国家としての決定ができなくなり、

再び植民地化を招くようなものだ



====



マハティール氏は、上記のように述べたと報じられている。



この発言は、TPPの本質を突いており、傾聴に値する。







3)シリア

シリア情勢が極めて危うい状態になっている。



よもやまたしても軍事行動とは思いたくないが、

アメリカやイギリスなどでは、

そんな雰囲気が広がっているようだ。



====



シリアの化学兵器疑惑について、

アメリカのケリー国務長官は、

「いかなる弁解の余地もなく、否定のしようがない」と述べ、

アサド政権が化学兵器を使用したと強く非難している。



「大統領はどう対処するか決断をする。

世界で最も凶悪な武器を使った者たちは

責任を負わなければならない」とも述べた。



CNNなどアメリカの複数のメディアは、

オバマ政権が巡航ミサイルによる空爆などの

軍事行動に踏み切る可能性もあると報じている。



現にアメリカ海軍は、

巡航ミサイルを発射可能な駆逐艦4隻を

地中海東部に配備したことを明らかにしている。



====



21世紀は、平和の世紀…、

そんな言葉は夢のまた、夢。



そんな状態になっている。



人類は、この愚行を

避けることはできないのか。







今朝は次の場所で街宣を行う予定だ。



7時55分:函館駅前

8時25分:五稜郭駅前

8時55分:本町交差点



交通事情等によって、

予定変更もあり得るのでご了承を。



今日は下弦の月だ。



今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・8・28 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください