8月29日 その2197『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.08.29



起床後、窓を開ける。



ヒンヤリとした空気が、

一気に部屋に流れ込む。



激しい暑さの夏とは、

函館の朝の雰囲気が一変した。



さすがに8月も下旬になっている。







1)海水温

外の空気の雰囲気は、秋の雰囲気だが、

北海道周辺の海水温が上がったままだ。



====



釣り上げたばかりのイカを漁船の生け簀に入れて、

生きたまま水揚げする

「いけすイカ」漁が中断したままだ。



漁船の生け簀は、

海水温の高くなってしまった表面水を

使わざるを得ないためだ。



ムラサキウニとは違った味わいのある、

蝦夷馬糞ウニ漁も不振だ。



天然昆布も育たない。



定置網には、普段はお目にかからないフグなどが入ると言う。



いずれも海水温が高いことによる異変だ。



海水温の上昇は、

函館の主産業である漁業に甚大な悪影響を与えている。



====



この海水温の上昇は、

専門家の見解によれば、

二酸化炭素の増加による地球温暖化の影響だという。



今のこの状態をどうすべきなのか、

手立てがないのが現実だ。



一度、壊された環境をもとに戻すのは、

容易なことではない。







2)汚染水

自転車操業状態だった東電福島第一原発の放射能汚染水処理が、

破綻に近い状態だとの情報が、

複数の方から届けられる。



現場の実態は必ずしも分からないが、

どうもそうした状態に近いらしい。



これに対し、安倍総理は、

「政府を挙げて全力で取り組んでいく。

 政府が責任を持って対応し、

 国内外にしっかりと発信していく」と述べたようだ。



この発言は当然のことだし、

原発を海外に売り込むよりも、

汚染水対策を全力を上げておこなうべきだ。



====



原発担当大臣も、

汚染水から放射性物質を取り除く装置(ALPS)も

「増設が必要なら、国が責任を持つ」と述べたようだ。



「増設が必要ならば」という人任せの判断ではなく、

自身自らが、その必要性を判断し、

主体的な行動を行うべきだ。







3)シリア

昨朝に比較しシリア情勢が、さらに緊迫化している。





化学兵器を使ったらしい。



こうした事態に対するアサド大統領の責任もあるだろう。



だが化学兵器を使ったのは誰なのか、

それは必ずしも特定されてはいない。



アメリカ、イギリス、フランスなどは、

軍事的制裁を発動する雰囲気が高まっている。



果たしてこれは適切なのか。



イラク戦争の二の舞を懸念する声は多い。







今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・8・29 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




3 Responses to 8月29日 その2197『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください