4月4日 その1350『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.04.04



気温の低い週末が終わり、新しい週の始まりです。

都内の空は、一昨日、昨日に比べれば明るい感じがします。

3.11大震災以降、都内の朝は、
以前よりも静かな感じがしますが気のせいかもしれません。

新しい週がスタートしても、被災地のことや原発のことを思うと、
鉛の重りが心に圧し掛かったままです。

====

先週1日の総務省入省式で片山大臣が
社会に出てからの読書の重要性を説かれておりました。
まったく同感です。しかし、最近は明らかに読書量が落ちています。
私の読書なんて、世間の趨勢とは何の関わりもありません。

しかし未曾有の重たい大震災を
どんな些細なことであったとしても、
それをプラスに振り向ける転機にしなければなりません。

この状況の中でプラスにものを考えることは、
厳しく辛いことかもしれませんが、
理念や気力だけではなく、
具体性のある道を歩まねばなりません。



さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・4・4 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 4月4日 その1350『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください