9月8日 その2208『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.09.08



2020年のオリンピックの東京開催が決
まった。



1964年の東京大会以来、56年ぶりの開催となる。



今回の開催決定に向けたマスコミ報道の過熱など、

無理やり世論を煽る演出に辟易しているが、

開催決定そのものを、

冷静かつ素直に喜び、受け止めたいと思う。



====



経済効果を期待する声も多い。



7年後を日本の国づくりの大きな目標点することで、

色々なエネルギーを集中させる効果もあるだろう。



しかし7年後のオリンピックは、

昨今のオリンピックが抱える様々な課題が、

最大限増幅された大会となる可能性が高い。



それは新大会が開催されるたびに、

いくつもの大きな課題が惹起されているからだ。



====



2020年のオリンピック開催に向け、

これまでの価値観を鵜呑みにするのではなく、

最大限の冷静さで落ち着いて臨むべきだと思う。



気持ちが繋がるとか、絆とか、

一体感とか、チームニッポンとか、

世界はひとつとか、

こうした言葉によって、

空疎で安易な熱狂をするのではなく、

この日本の過去から今までのあり方を、

さらにこれまでの世界のあり方を俯瞰しつつ、

未来を落ち着いて展望する、

そんな東京オリンピックになればと願っている。



特に福島第一原発の問題については、

その事故の現実を正直に受け止めて、

嘘や偽りのない情報公開を厳格に徹底し、

生活や人生を破壊された皆さんの立場や

厳しい現実に思いを致しつつ、

国のあらゆる資源を投入して、

その対策に当たらねばならない。



よもや間違っても現実を覆い隠すような

美辞麗句を並べてはならない。



====



特に私が現時点で疑問を持っている言葉がある。



安倍総理のブエノスアイレスでの次の言葉だ。





水処理は完全に制御されている





汚染水は福島第一原発周辺の

0.3平方キロに封じ込められている





現在も全く問題ない



====



この言葉を聞いて、相当に強い違和感を覚える。



将来に向かって

完全に水をコントロールするため

最大限の努力をするというならまだ理解できる。



しかし、現在も全く問題ない

と言い切ったことは偽りだと強い憤りを覚える。



====



オリンピックという

世界的大イベントの開催は嬉しいことだが、

その開催によって、真実を見失い、

私たちが守るべき大切なものを失ってはならない。







1)福島第一原発視察 その3

10時22分:WBCセンター到着



====



ホール・ボディ・カウンター(whole body counter)とは、

体内に存在する放射性物質を体外から計測する装置だ。



WBCセンターは、

広野町サッカー場敷地に設置されている。



センターはサッカー場敷地の中、

人工芝が敷かれた一角にある。



大規模なD型ハウスのようなテントに覆われ、

博覧会のパビリオン的な雰囲気もある。



テントの中では、

数名の担当職員が受け付けや、

検査に来た方の誘導を行っている。



既に検査を受ける方が数名待っていた。



椅子に座って待つこと数分、

名前を呼び出され、

測定装置の前に進む。



集団での胸部レントゲン検査の雰囲気だ。



装置は、4人掛けの電車のボックス席の真中に

仕切りを置いた程度の大きさだ。



支持に従って椅子に腰かけ、

自分で緑のボタンを押すと、早速、検査の開始。



検査に要する時間は1分間。



検査が終了すると目の前のモニターには

「異常なし」と表示された。



検査はたったこれだけのことだが、

この装置は相当に高価なのだろうと勝手に推測をした。



====



センター内のテントには、

次と検査を受ける方がやってくる。



急ごしらえで設置したためだろうか、

駐車場の場所も、検査を受ける方の動線も、

決して良いものではないが、

被ばく線量を把握するためには、

極めて重要な装置だ。



ここがまず、福島第一原発視察の第一関門となる。



(以下、続く)







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・9・8 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください