9月10日 その2210『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.09.10



昨日の函館は、

秋晴れと呼ぶにふさわしい、

実に爽やかな一日だった。



特に夕焼けの雰囲気は、

多くの人が美しいと感ずるものだったと思う。



Facebookなどでは、その夕暮れの写真を

アップする方も多かったようだ。



特に三日月よりもちょっと太くなった

月齢4日の月が、

函館山の上に輝く姿には、

私も思わず足を止めてしまった。



今日も引き続き、

良い天候となる見込みだ。







1)汚染水

福島第一原発のタンクから

高濃度汚染水が漏れる事故が発生している。



これに関連し昨日、

漏れたタンク付近の観測井戸の地下水から

放射性ストロンチウムなどが

1リットルあたり3200ベクレル検出されたと、

東電が発表した。



検出されたのは2カ所目。



タンクから漏れた汚染水が、

地下水に広がっている可能性が極めて高い。



====



過日の視察では、

この観測井戸から約130メートル海側に、

建屋に流入して汚染する前の地下水をくみ上げて

海に流す計画があるとのことだった。



今回の新たな地下水汚染の発覚で、

この計画に影響が出る可能性もある。



====



汚染水対策は、

極めて厳しい現実に直面している。







今朝は、朝から取り組むべき仕事があり、

福島第一原子力発電所視察報告の「その5」は、

休ませていただく。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・9・10 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください