9月11日 その2211『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.09.11



ここ数日、秋晴れの日が続き、

実に心が軽やかだ。



つい先ごろまで、全国のあちらこちらから、

ゲリラ豪雨や竜巻、落雷の被害情報が入り、

気が気ではない日々を過ごしていたが、

そのことを思うと、何とものどけからい気分だ。



もちろん油断は禁物だが。







1)かしわ手

昨日、いつもお世話になっているNPOの皆さんの

新しい活動拠点となる施設建設の地鎮祭に参加した。



私は、以前も日記などで書いたが、

祈る行為、手を合わせる行為を

大変、貴重なものと捉えている。



それは、手を合わせることで、

私の心が自然に無心の状態になるからだ。



ところがどうも頂けないのが、玉串奉奠だ。



かしわ手のやり方がどうも定まらず、

それが気になって無心になることができないのだ。



細かいことかもしれないが、

手を合わせる、祈ることを貴重な機会と捉えている私にとって、

玉串奉奠が、ぎこちないことは、ちょっと気がかりなことだ。



かしわ手のあり方を少し勉強してみたいと思う。







とここまで書いて、

急遽対応すべき案件が発生した。



心残りだが、

今日の日記はこれで終了だ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・9・11 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください