9月18日 その2218『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.09.18



全国的に晴れ間の多い、朝を迎えたよう
だ。



函館の気温は12度程度、

今朝も寒さを感ずる気温だ。



 日中は23度程度になる見込みだ。





1)腱鞘炎

今年の春以来、腱鞘炎に悩まされている。



ピーク時よりも痛みは和らいだ感じがするが、

逆に痛みが固定化した印象も受ける。



腱鞘炎の痛みは、もちろん腕だけだ。



しかしこの腕だけの痛みが、

体全体のバランスに影響を与え始めている。



たとえば週に何度か、

少し長い時間かけて歩くことにしている。



ところが腕の一部が痛いだけで、

その散歩がどうもぎこちないのだ。



体全体の健康が、

微妙なバランスの上に成り立っていることを痛感する。



逆に言えば、バランスが如何に大切か、

ということだと思う。







2)福島第一原発視察 その10

標高35メートル地域から、

原子炉の設置されている海のそばの

標高10メートル地域に降りてくる。



予想外に敷地が狭い。



1号機から4号機まで、

窮屈な感じで並んでいる。



====



降りてきた高台の方向を振り返ると、

ある高さ以下の法面植物が枯れかかっている。



説明によれば、その高さまで津波が押し寄せ、

海水をかぶったために、植物の育ちが悪いとのことだ。



右手の土手の一部は、土が剥き出しになっているが、

そこも津波で削り取られた場所だという。



いずれも標高10メートル敷地から見ると

随分と高い場所に見える。



あんな場所にまで波が到達したのかと思うと、

どんな高度な技術を駆使した施設であっても、

一たまりもない…、そんな印象を強くする。



====



東電の説明によれば、

原子炉本体は安定的に冷温停止状態(25〜50度)が

維持されているという。



現在は、使用済燃料プール内の

燃料取り出しが開始される前段階の取り組みを

進めているという。



震災時、運転をしていた1〜3号機に関しては、

プラントの状況把握と

燃料デブリ取り出しに向けた作業を進めているとのことだが、

具体的に何が、どのように進んでいるかは、あまり良く分からない。



というよりは、素人に理解できるほどの

具体性がないとも言えるのかもしれない。



====



手渡されたイラストによれば、

1号機燃料の多くが

原子炉圧力容器の下の格納容器に

落ちているように描かれている。



1〜3号機、いずれも格納容器に

燃料が留まっているかの図面だ。

(1号機だけが、格納容器にそのものに

ちょっとだけ燃料がめり込んでいる。)



報道等では、

1号機はメルトスルー状態となっているらしいが、

手渡された図面では、

メルトダウンとの認識なのだろうか。



この辺りも判然とはしない。



====



1〜3号機の圧力容器下部温度は、

33度程度〜45度程度。



格納容器温度は、34度〜44度程度だ。



圧力容器も格納容器も、似たような温度だ。



燃料が両方にある…、そんな状態なのだろうか。



4号機は、震災当時、運転をしてないかったので、

原子炉には、燃料は入っていない。



====



第一原発は、水処理も大きな対策の柱だが、

本丸は原子炉やプールであることは間違いがない。



その本丸である原子炉の状況は、

十分に把握されているとは言い難い状態と推察した。



====



1〜4号機の燃料プールの温度は、

28度〜38度程度だという。



4号機プールの温度が、38度と最も高い。



====



4号機は、原子炉に燃料が入っていなかったこともあり、

燃料プールからの燃料取り出し前の作業が最も進んでいる。





燃料取扱機の吊り込み作業完了(7月末)





燃料取り出し用カバーの外壁設置作業が完了(7月20日)





現在は、プール内のガレキ撤去作業を進め、

11月の燃料取り出し開始を目指している



====



4号機は震災当時、

原子炉に燃料が入っていなかったが、

使用済核燃料プールが傾き、

極めて危険な状態だったと言われている。



このように原子力発電所は、

稼働していなくとも、

限度を超える地震等に対しては

極めて脆弱なものであることが分かる。



万が一、使用済核燃料プールが傾いて

倒れるようなことがあれば、

大惨事になってしまうことは明白だ。



現在、4号機の使用済み核燃料プールは、

その土台というか、基礎部分を補強するとともに、

プールの傾きなどを年4回、定期的に検査し、

現在は健全性を保っているという。



====



山側から1〜4号機を眺めると、

確かに4号機には、カバーがかけられて、

震災当初とは違った雰囲気だ。



しかしいずれの原子炉も、その周囲は雑然としており、

決して対策が進んでいるような絵柄には見えない。



ホースやケーブル類が、雑多に敷き詰められている。



何の施設か分からないが、

高さが数メートルもあろうと思われるシャッターなども、

大きく破損したまま放置されている。



現場を整理整頓する暇や余裕もないままに、

とにかく対症療法を続けている

と言うのが現実なのかもしれない。



もちろん下手に整理整頓すれば、

放射能汚染が広がる可能性が高い。



汚染を広げないためには、

放置が特効薬なのかもしれない。



(以下、続く。)







3)集団的自衛権

安倍総理の

私的懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」

(安保法制懇、座長・柳井俊二元駐米大使)は17日、

7カ月ぶりに第2回会合を首相官邸で開いている。



集団的自衛権行使を禁じている

政府の憲法9条の解釈を見直し、

行使を全面的に容認する報告書を

年内にもまとめ首相に提出する方針だという。



また一部には、

政府が結論を出すのは、

来春以降になるとの見方もある。



====



安倍総理は、自身を縛る憲法の解釈を、

総理自らの手によって変えようとしている。



これは集団的自衛権行使容認の是非以前の、

立憲主義を全く理解していない愚行と言わざるを得ない。



集団的自衛権の行使容認をするならば、

憲法に定められた手続きに従って、

最終的にその是非は国民が判断すべきものだ。



====



ところで「集団的自衛権」とは?



自国と密接な関係にある国が攻撃された際に、

自国への攻撃と見なして反撃する権利。



国連憲章に規定があり、

日本は権利は有するが憲法上、

行使できないとの立場を取ってきた。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・9・18 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください