9月21日 その2221『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.09.21



一部雨のところもあるようだが、

全国的に天気は悪くなさそうだ。



ただし北海道と本州など、

北と南では、寒暖の差が大きくなる季節に向かっている。







1)経済紙

朝の通勤電車の中で、新聞を読む方が多いが、

最近、その変化が気になっている。



以前は、各人各様の

色々な新聞を読んでいる方が多かった。



ところが最近は、経済紙を読む方が、大半なのだ。



一般紙を読む方は、ごくまれだ。



国民の生活や仕事が、経済に大いに関係しているから、

これは当然とも感じつつも、私は一抹の不安を覚えている。



====



経済紙は、

経済というフィルターを通して社会見て、

社会を論じている。



経済紙なのだから、これは当然だ。



経済というものは、

利益と経済活動規模の拡大が本質的な目的だ。



この経済の目的を突き詰めた結果、

主権者である個々人の立場を尊重するという

民主主義の価値観と対立することが生じかねない。



経営者や株主が意図していようがいまいが、

経済活動の結果、格差を助長したり、

人々を不幸に陥れるような結果となることがある。



こうした経済と民主主義のぶつかり合いを理解しつつ、

暴走しない節度ある経済活動に勤しむなら、

私は安心していられる。



しかし現実は必ずしもそうではない。



この経済の意図せざる暴走を食い止め、

企業や組織団体の利益ばかりではなく、

民主主義の主権者である国民個々人の立場を守り、

その存在を尊重する役割を担っているのが政治だ。



こうした経済と民主主義、

さらに政治との関係を理解したうえで、

多くの皆さんが経済紙を読むなら安心だ。



しかし現実には、

こんなことを考えている方は

少ないのではないかと感ずる。



特に政治の価値判断の基準に対し、

経済的な側面だけが強調されることには相当な注意が必要だ。



こうなってしまうと

政治の持つ役割の放棄に繋がり兼ねないからだ。



====



私は、以前から、朝の電車内で、

経済紙を読む方の比率が高まっていることが気になっていた。



しかし今回特にそのことに対して懸念が強まったのは、

先の通常国会(183国会)における、

安倍総理の施政方針演説だった。



総理はこの演説の中で、

日本が目指す国のひとつの姿として、

「世界で一番企業が活躍しやすい国」であることを明言した。



これは一見正しそうに見えるし、

多くの方も納得しかねないことだ。



しかし経済は、

必ずしも格差是正や個々人の尊厳の尊重などいったことに、

配慮する必要はない。



したがって世界で一番企業が活躍しやすい国になったとしても、

国民が幸せになるかどうかは、不確かなのだ。



逆に、企業は栄えるが国民は不幸せになる可能性も否定できない。



だからこそ、政治の役割が必要なのだ。



====



国のトップリーダーも、

経済と民主主義、政治の関係が分かっていなさそうだ。



それに加えて、

多くの国民に経済紙から得られる、

経済側だけの価値観が植えつけられる。



これでは、日本人の多くが幸せにはなれない…、

そんな気持ちを持つ私は、心配し過ぎなのだろうか。



====



安倍総理の行うことに、

多くの国民は悪くはないと感じているように思われるが、

私には違和感が強い。



その理由は、目指す国家像に

根本的な違いがあるからだろう。



世界で一番企業が活躍しやすい国よりも、

「世界で一番国民が幸せな国」を目指したい。







2)福島第一原発視察 その13

標高10メートル地域の視察を終えて、

我々は再び35メートル地域にある免震重要棟に戻った。



本来は、5号機、6号機も視察の予定だったが、

時間の都合があり、今回は見送ることとした。



5号機、6号機は、

1〜4号機より3メートルほど標高の高いところに位置している。



今回の地震と津波による原子炉への被害は、

この3メートルの差が、明暗を分けたようだ。



====



免震重要棟に戻り、

白い防護服から、再び青い防護服に着替える。



さらに入退域管理棟に戻って、

青い防護服から自分の服に着替えて、

福島第一原発を後にした。



その後、広野町で再度、ホールボディカウンター(WBC)で、

体内線量のチェックを行い、

Jヴィレッジに戻り、全ての視察を終えた。



====



今回の視察では、

視察団全体で、カメラ1台、ビデオ1台のみの撮影が許された。



発電所を出る際には、その記録内容のチェックがあり、

不都合と判断された画像は、その場で削除となった。



不都合の判断は、

テロ等に対応するため、

危機管理上の観点から行っているらしい。



====



今回、白い防護服を着用する

フル装備の状態で視察を行ったが、

あの着脱は、なんとも面倒なものだ。



加えてバスの乗り降り、施設への入退時には、

必ず靴カバーの着脱行為がある。



これらは、いかにも煩わしいが、

放射能汚染を拡大させないためには、

絶対に外せないのは当然だ。



白い防護服やマスクによって体が密封状態となるため、

気温の高い日は、熱中症や脱水症状が懸念される。



しかし顔全体を覆うマスクをしているため、

作業をしながら水分補給をすることはできない。



なんとも苛酷な条件となっている。



当然、小便、大便にも頻繁に行くことはできない。



大小便のたびごとに古い防護服を脱ぎ、

新たな防護服に着替えねばならないからだ。



そのため、ある方から漏れ聞いたところ、

作業員の中には、おとな用のオムツを着用して、

頻繁な防護服脱着を避ける対策を取っている方もいるという。



テレビの画面では伝わらない、悲惨なありさまだ。



====



顔全体を覆うマスクは、体に相当なストレスを与える。



防護服を着用して視察開始後、

15分程度経過した時点で、

私は激しい頭痛に襲われた。



それは普段感じたことのない、不快感を伴うものだった。



頭だけではなく、

虫歯ではない歯までが歯茎から痛む、

そんな不快感を覚えた。



視察の間中、異変が続く。



それは私の体調のためなのかと、我慢をしていた。



免震重要棟で、マスクを外した途端、

その痛みと不快感が、スーッと消えさった。



たぶんあのマスクの着用によって、

体に何か悪影響を及ぼしたのだと思う。



後に伺ってみると、同行者の多くの方が、

私と同様の頭痛などの異変があったとのことだ。



====



防護の装備をすることによって、

人体に相当なストレスがかかることを

身をもって体験することになった。



遮水壁の建設や使用済燃料の取り出しなど、

平時でも相当に困難な作業だ。



体に大きなストレスを与える防護の装備を付けて、

そうした作業を行うのは、筆舌に尽くし難い辛さだろう。



====



9月5日の福島第一原発の視察によって、

実に多くのことを得ることができた。



まだまだ書き続けていたいが、

この報告は、今日で一応の一区切りとする。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・9・21 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 9月21日 その2221『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください