9月26日 その2226『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.09.26



昨日昼ごろ、函館市内で、極めて激しい雨
が降った。



降雨状態が短時間だったため、

被害などはなかったようだが、

あれが1時間も続いたら

大変なことになっただろう。



一時ほど、

ゲリラ豪雨の情報は多くはないが、

気を抜くことはできない。







1)教育委員会

中央教育審議会教育制度分科会の議論が

気になっている。



現在、この分科会では、

教育委員会制度改革を議論している。



教育行政の最終責任者を首長とするのか、

合議体の教委に決定権限を残すのか。



首長が、最終責任者となれば、

首長が今よりも現場に介入しやすくなる可能性が高まる。



つまり教育行政への政治関与が高まることになる。



====



現在の論点は、以下だという。



教育再生実行会議が、

「教育長が責任者として教育事務を行う」と提言したこと受け、

分科会は日常的な実務を教育長に任せることで一致。



ところが、教育長を執行機関とした場合、

「選挙を経ていない個人が

首長と同じ強い権限を持つことになる」として政府内で異論。



そこで、

首長を執行機関に位置付けた上で、

教育長が首長から

教育行政の委任を受ける形態とする案が浮上。



首長は直接指揮をせず、教育長に独立性を持たせる。



教委に権限はなくなり、

諮問機関と位置付け、

教育行政への提言やチェックをする役割にする。



この案は、教育長が首長の「部下」となり、

首長が教育行政に介入しやすくなるという懸念がある。



教育長の独立性を保障する一方、

教委がブレーキをかけられる規定を設けることが課題となる。



====



もう一つは、これまで通り教委を執行機関とする案。



自治体の教育方針などを審議・決定するが、

委任を受けた教育長が

非常勤の教育委員を補う形で実務をこなす。



制度上は、首長が教育長の任命・罷免以外に

教育行政に直接関与できない。



この案には「現行制度と代わり映えがしない」という意見や、

「教委と教育長の責任の範囲をうまく線引きできるのか」

といった疑問があるという。



====



これらの議論を注視しているのだが、

どうも議論に矛盾があるような感じがする。





教育行政執行の責任を明確にしたい





選挙を経ない役職が権限を強化することへの疑問





選挙を経た役職が権限を強めると、

教育への政治介入に対する懸念





現行制度否定が議論の出発点だったため、

現行制度維持という結論は出し難い



====



どうも議論が迷走している。





教育への政治介入はしない





教育行政の責任の所在を明確にする。



この2点を中心にして、

現行制度の否定だけではない、

先入観のない虚心坦懐な議論が必要だ。







2)言葉

24日、文化庁が、

「国語に関する世論調査」の結果を発表した。



言葉は動くものと言われるが、

日ごろから我々が、

本来の言葉の意味を十分に考えずに。

言葉を使っていることも明らかになり、

ちょっと恥ずかしい感じもする。



====



役不足:

本人の力量に対して役目が軽すぎる



流れに棹さす:

傾向に乗って、ある事柄の勢いを増す



気が置けない:

相手に対して気配りや遠慮をしなくてよい



潮時:

ちょうどいい時期



噴飯もの:

おかしくてたまらないこと



伝家の宝刀:

とっておきの手段



以上が、本来の意味だが、

この機会に改めて確認したいと思う。



====



また次の言葉も随分と定着しつつあるという。



・ざっくり



・きんきん



・ほっこり



・さくさく



・うるうる



さすがに、

わしわし、がしがし、ざくざく等は、

まだ登場していない。



「さくさく」が、

ここ数年で一気に広まっていることに驚きを覚えるが、

これはPCはスマホの普及と強い関係があるのだろう。



まさに言葉は、生活の中から生まれることを実感する。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・9・26 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください