9月27日 その2227『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.09.27



本州付近が、

移動性の高気圧に覆われることもあり、

今日は、全国的に

晴れ間の広がる一日となる見込みだ。



だが気温は、確実に下がっている。



北海道の朝の最低気温は一桁のところが多いし。

北海道以外の最高気温も沖縄を除いて、

ほとんどが20度台のようだ。



考えてみると9月も終盤に入っている。







1)自治労北海道本部定期大会

昨日、札幌市内で開催された

自治労北海道本部第55回定期大会に

来賓として出席した。



この大会には、全道各地から、

自治の現場で働く皆さんが集う。



東京の本部からは、

氏家新委員長も駆けつけている。



====



冒頭の北海道本部の山上委員長の挨拶では、

次のようなことが述べられた





景気が良くなっているという実感がまるでない





物価が上がり、インフレ政策に逆行して賃金までが削減





アベノミクスの幻想に振り回されるのではなく、

これ以上、格差拡大や無駄な公共投資を許さず、

インフレ政策に逆行する賃金削減を阻止し、

アベノミクスの効果や副作用をしっかり見極め、

これに対する取り組みをしたたかに展開したい





安倍内閣は、

民主党政権がすすめた脱原発路線、

地方自治の拡充や地方分権を認めず、

地方交付税の削減を行い、

地方公務員の賃金削減を自治体に強要





復興特別法人税を廃止する企業への優遇政策、

TPP問題への対応、

企業にだけ都合の良い労働の規制緩和などを

問題として指摘。





解釈改憲による集団的自衛権の行使容認も問題





4年前の政権交代の大義であった国民の生活の危機は、

安倍政権の政策方向ではより深刻





新自由主義と対決して働く者を基盤に

共生と連帯に基づく持続可能な社会の実現にむけ

取り組む政治勢力を、

もう一度民主党を中心に再構築することが急務



====



この挨拶で指摘された事項は、

今後、我々が取り組まねばならない

重要なポイントである。



特に冒頭のアベノミクスなど経済の部分には、

力が入っていた印象を受けた。



====



私の挨拶では、

この山上委員長の指摘を受け、

次のような話をしている。





経済が元気になるだけでは国民は幸せにならない





真の国民の幸せのためには、

経済の益を、どの程度、どんな手法によって再配分するかが、

重要であり、その役割を担っているのが政治





しかし今の安倍政権では、

経済と政治の目的が一体化し、

政治の役割を果たしていない



また、福島第一原発の現状の一端を紹介した。



====



大会は、本日も続けられるが、

関係者の皆さんの労苦に感謝したい。







2)ドイツ大使館

昨日午後、ドイツ大使館を訪問し、

フォルカー・シュタンツェル大使に、

ご挨拶をさせて頂くと同時に、

担当参事官などから、

ドイツの脱原発とエネルギーシフトの状況、

さらに先の選挙を踏まえた、

ドイツ政治の情勢等について話を伺った。



====





脱原発は、2年前に

与野党を含めドイツとして決めたことであり

今回の争点にはならなかった





すなわち脱原発政策は、

ドイツではもう後戻りすることのない政策





ドイツ各地で、

エネルギーシフトの取り組みが進んでいるが、

自治体の役割が肝要





バイエルン州は、原発依存度が高く、

それだけにエネルギーシフトの取り組みは重要





今回の選挙でメルケルは勝利したが、

彼女のキリスト教民主同盟((CDU)

(およびバイエルン・キリスト教社会同盟=CSU))は、

絶対多数に5議席足りない





現在の連立相手である

自由民主党(FDP)が1議席も取れなかっため、

かつての敵である社会民主党(SPD)

もしくは緑の党との連立が必要





今後の交渉には、数週間かかる可能性がある。





SPDと組む場合は、

社会政策などで立場が違うし、

保守の支持者の反発がある





SPDと緑の党と両方をみながら連立を模索する





新たな連邦議会の重心は中道の若干左寄り





黒(CDU/CSU)と赤(SPD)の

大連立の可能性があるが、緑の党の選択肢も温存する



====



以上のような話を

エネルギーと政治、

それぞれの担当参事官などから伺っている。



意見交換の中で、面白い指摘があった。



「脱原発を決めたドイツでは、今まだ原発が動いている。

脱原発を決められない日本では、今、原発が動いていない。

これは皮肉なことだ。」



こんな話を冗談っぽくされたが、

その言葉の裏に、

脱原発に対する自信のようなものを感じた。



====



ドイツの関係者の皆さんとは、

今後も脱原発、

エネルギーシフトに関し、意見交換を継続し、

今後の日本の取り組みの

大きな参考としたいと考えている。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・9・27 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください