9月28日 その2228『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.09.28



今日も、沖縄方面を除き、

全国的に晴れ間の広がる天候だ。



北海道の予想最高気温は20度程度だ。



クールビズとは、縁のない状態になっているが、

ネクタイをしている皆さんは少ない。



クールービズに関係なく、

一度ゆるんだタガを締め直すのは難しい。





1)コントロールできない

昨日、衆院で

やっと原子力問題に関する

閉会中審査が行われた。



この間、国会はずっと休みっぱなしだったが、

本当に「やっと」という感じだ。



8月30日に閉会中審査の日程を協議した。



だが、審議が海外に報道されたら

五輪招致に不利になるとの懸念や、

委員長の海外視察などで、先送りになっていた。



国家の一大事であるにもかかわらず、

ずっと審議をしていない。



とんでもないことだ。



====



私は、日中にやるべきことがあり、

その審査の様子を

リアルタイムで見ることはできなかったが、

報道をみる限り、やり取りは不十分であり、

もっと時間をかけて丁寧な審査を行うべきだ。



====



以下、東京電力広瀬社長の主な発言。









原子炉と使用済み燃料などに

水をしっかりかけて冷却していくのが一番必要なこと





事故直後からかなり汚染された水が

建屋の下のほうにたまっている





だいたい1日400トンを原子炉の冷却のために注入





この400トンとは別の400トンが地下水の400トンだ





汚染源はどこなのかは、

完全にはまだつかみきれていない状況だ





海の汚染の状況は観測している。

外側の外洋は、かなり小さな数字になっている





放水口の前のある程度限られた部分がやはり一番高い





安倍首相の発言は、

湾の外に影響が及ぶことは全然ないという主張。

私どもも全く同じ考えを持っている。

首相の言った外への影響、

海への影響という意味については、

しっかりコントロールできている



====



やはりこの発言をきいていると、

汚染水問題は本質的には、

何もコントロールされていないのが現実だと理解できる。



つまり、





汚染源はどこであるか把握できてないこと





コントロールされているのとは、

「放射性物質が外洋に流れ出て、

単に薄まっている」との意味。



====



広い海に垂れ流している現実をもっと、

シビアに質すべきと思うが、

いかんせん審査の時間も期間も短すぎる。



こんなことでは、

国民はおろか、

世界の納得を得ることはできない。



もっともっと真摯に虚心坦懐に

審査、議論をしなければならない。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・9・28 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 9月28日 その2228『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください