9月29日 その2229『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.09.29



昨日は、函館市内の

色々なイベントにお邪魔させて頂いた。



====



今日は、函館ハーフマラソンの開催日だ。



朝の天候は雲が多めだが、

徐々に晴れ間が広がるとの予報が出ている。



予想最高気温は22度。



ランナーの皆さんには、

もう少し低い方が良いかもしれない。







1)山崎夏生さん

昨日、2010年まで、プロ野球の審判を務めた、

山崎夏生さんの講演を聞いた。



====



山崎さんは、1955年新潟県生まれ、北大文学部を卒業後、

日刊スポーツに入社する。



配属部署は、望んだ野球記者ではなく販売局。



結局、野球への熱い思いを捨て切れず、

プロ野球の審判なることを決意して退社。



しかし、プロ野球の審判になれるのは、

プロ選手経験者などごく、一部の方のみだという。



山崎さんのように未経験者が審判になる道はほとんどない。



そこを様々な努力で乗り越え、

結局は、定年となる55歳まで、

プロの審判を務めた。



====



昨日は、

こうした自分の審判になるまでの苦労話や、

プロ野球の逸話なども含め、

ユーモアたっぷりに、さらに情熱一杯に話された。



私が山崎さんを知るきっかけになったは、

山崎さんの著書を読んだことだ。




『プロ野球審判 ジャッジの舞台裏』(北海道新聞社)




この本、実に興味深い。



野球といえば、選手や監督ばかりに目が行くが、

この本を読むと、野球を観る楽しみが広がる。



さらに山崎さんの生きざまに、ある種の感動を覚える。



本の感想をネットに書き込んだことが切っ掛けとなって、

山崎さんと、多少のやり取りをすることになった。



そんなこともあって、昨日の講演会は、物凄く楽しみにしていた。



====



山崎さんは、身長183センチと体も声もデカイ。



プロテクターなど身に付けた審判姿で登場した。



プロ野球の審判を、こんな間近で見るのは初めてだ。



大声で「プレイボール」と声を出して、講演が始まる。



30年近くもプロの審判を務めてきた方の所作はカッコいい。



講演も予想をはるかに上回る、充実した内容だ。



冗談あり、審判の実技あり、

そして時には、

目頭が熱くなるような心揺さぶる場面もある。



立て板に水が流れるような話し方ではない。



どちらかと言えば不器用な話し方だ。



だがそれも味がある。



====



生きるとは何か、仕事とは何か、

色々な示唆に富む、見事な講演だった。



多くの方に、山崎さんの話を聞いてもらいたいし、

山崎さんの著書を読んでもらいたい。







今日も、地元の色々なイベントに参加予定だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・9・29 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 9月29日 その2229『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください