10月1日 その2231『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.10.01



今日から10月だ。



今年度も折り返しを過ぎ、後半の半年に入る。



今日は、東北から北海道は、少し天候が悪い。



西日本は晴れ間が広がり、

最高気温は30度程度のようだ。







1)10月から

10月から暮らしにかかわる様々な制度が変わる。





年金は10月分(支給は12月)から1%引き下げ



年金は、物価に合わせて支給額を見直すルールだ。



政府は10年余り前に物価が下がった時に引き下げず、

これまで本来よりも高い水準での支給が続いた。



今回の引き下げはこの解消だが、

受給者にとっては今ごろの引き下げは懐に響く・



今回の1%減額に続いて2014年4月に1%、

15年4月に0・5%と、3段階で下げる。





年金に連動して、

一人親家庭がもらう児童扶養手当も減る



====





厚生年金の保険料率は0・354ポイント上がる

(本人分、事業主分の両方となる。)



これは、2004年の年金制度改革の一環で、

2004年から毎年続く。



====





最低賃金は10月から順次引き上げとなり、

全国平均で15円高くなる。





輸入小麦を政府が民間企業に売り渡す価格は上がる





飼料を輸入に頼る牛乳も値上げ





自動車保険料も一部の損害保険会社で値上げ



====





商品の「税抜き価格」表示が可能になる



これは17年3月までの暫定措置。



消費税では本来、「税込み価格」が義務。



2段階で予定される増税を前に、

事業者が増税分を明示して、

価格に上乗せしやすくしたり、

値札を変える手間を省いたりするため。



====



本来の景気上昇は、





企業業績が良くなる





賃金が上がる





消費が活発化する





物価が上がる



この順番と言われる。



====



しかし安倍総理は、この順番を入れ替えて、

まず物価を上げる道を選択した。



リフレ派の理論に基づいている。



机上では正しくても、

まず個人や中小企業に厳しさを強いるこの政策は、

相当な痛みを伴ない、格差の拡大につながる懸念がある。



国民の皆さんは、

口では不況だと不満げに話すが、

経済の変動は、緩やかな方が、国民への影響は少ない。



これも事実だ。







2)不安や懸念

安倍総理が、今回の訪米中の講演には驚いた。



まさに常軌を逸した発言としか言いようがない。



「右翼の軍国主義者と呼びたければ、そう呼べばいい」



こう言い放ったようだが、総理としての資質を疑う発言だ。



今後のアジア諸国との関係を、総理はどう考えているだろか。



冷静に、落ち着いた外交を進める様子が微塵も感じられない。



開き直り発言に驚くばかりだ。



====



最近は、総理のこの発言に限らず、

安倍政権に対して、

極めて多くの不安の声が寄せられるようになっている。



====



秘密保全法案、集団的自衛権、憲法改悪、

なりふり構わないTPP推進、異常な労働法制、

教育現場への政治の介入、切り捨てられる社会保障、

大企業優先の税制、

公共投資のばら撒きと

効果のハッキリしない減税による財政規律の崩壊、



以上をはじめとして、

将来の日本に暗雲が立ち込め始めていることに、

少しずつだが国民の皆さんが気づき始めたのではないか。



====



例えば、

食料自給率をどうすべきか、

一次産業の所得確保をどうすべきか、

医療福祉の充実をどうすべきか、

地域振興はどうあるべきかなど、

緻密で落ち着いた議論が、すっかりと隠れてしまった。



何か大雑把な、誤った勢いに扇動されて、

私たちの国が、どんな方向に進むのか…、

完全に冷静さを欠いている。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・10・1 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 10月1日 その2231『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください