10月8日 その2238『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.10.08



台風23号に引き続き、

台風24号が東シナ海を北上している。



午後は向きを次第に北東へ変え、

夜遅くには九州北部に近づく見込み。



九州は風が非常に強く、

予想される最大風速は北部の陸上で25メートルという。



雨や雷雨が、

局地的に非常に激しくなる見込みだ。



激しい天候、さらに急変には要注意だ。



函館は今日も雲が広がり、

スッキリしない天気のようだ。







1)寒露

今日は二十四節季の第17番目となる「寒露」だ。



露が冷気によって凍りそうになるころ。



雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、

こおろぎなどが鳴き止むころ。



こんな時期だと言う。



徐々に寒さが厳しくなってくるころだが、

本州では台風の影響もあり、

気温が30度付近になるところもあるようだ。



====



「カンロ」・・・、

この音を聞いて私が連想するのは、

寒露よりも「甘露」だ。



甘露は、本来、甘い汁のことや、

中国の古い年号のことらしいが、

我々にとっては別の意味が強く記憶に残っている。



メロンがこれほど流通する以前は、

私の周囲の農家や家庭菜園では、

「甘露」栽培をする方が多かった。



今のメロンに比べると、甘さも香りも格段に劣るが、

子どもの頃は、スイカと並んで、

畑で採れる甘いものの代表だった。



甘露とは、マクワウリのことで、

北海道や東北での独特の呼び名だ。



味瓜(あじうり)とも呼んだ。



今では、目にすることもないが、

あの素朴な味が懐かしい。







2)TPP

TPP交渉の行方が、

案の定、おかしな方向に進んでいる。



安倍政権が、

TPP交渉で関税撤廃に応じない「聖域」としてきた

コメなど農産品の重要5項目について、

項目内で細かく分類される586品目ごとに見直す検討に入ったという。



安倍政権は、

7月の参院選の政策集で

重要5項目の関税を守れなければ

「(交渉)脱退も辞さない」としていたはずだが、

今回の変更は、それを完全に反故にするものだ。



====



重要5項目は、

コメ、麦、乳製品、牛肉・豚肉、

砂糖やデンプンなどの甘味資源作物だ。



輸入品目ベースでは、

さらに586に細かく分類されている。



私は、TPP交渉の性質を考えると、

これら586品目の関税を維持することは困難であり、

重要5品目の関税を守ると言う公約は、

曖昧な上に、達成不可能だと指摘してきた。



その指摘が、現実となった。



TPPは、その枠組み、考え方を含め、

白紙から見直す必要がある。



この交渉を進めると、

国家が国家として成り立たなくなる可能性が強い。







明日以降、都合により

日記配信が不定期となる可能性がある。

ご了承願いたい。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・10・8 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 10月8日 その2238『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください