10月13日 その2243『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.10.13



昨日のNYは、雲の多い一日との予報だっ
たが、

昼ごろから晴れ間が広がって、

爽やかな秋晴れの午後となった。



今日も多少雲があるが、

わりと晴れ間が広がる一日となる見込みだ。







1)タクシードライバー

過日、ワシントンで利用したタクシー運転手さんに、

オバマ大統領についての感想を聞いてみた。



もちろん私の英語力なので、

十分に聞き出せたわけではないが、

やはりと思わせるやり取りだった。



彼は40歳くらいだろうか。



エチオピアで育ち、ある程度の年齢になって、

アメリカに来たらしい。



主なやり取りは以下だ。



====



Q:オバマ大統領をどう思うか?



A:オバマの何についてのことか?



Q:政策についてどう思うか?



A:どの政策について尋ねている?



Q:(こっちがちょっとたじろいで)

経済政策についてどう思う?



A:まあ悪くはない。

しかし、それほどの期待もない。



Q:ブッシュよりは良いか?



A:まあそうだ。



====



漠然とオバマはどう思うと聞いたところ、

何について聞いているのかと、

質問者の意図を逆質問されたのには驚いた。



日本なら、多くの場合、

漠然とした質問であっても、

きっと曖昧に答えるのだろうが、

そんな雰囲気は微塵もなく、

毅然とした印象を受けた。

(もちろん彼の性格によるのかもしれない。)



質問は続く?



====



Q:オバマケアは賛成か?



A:あまり賛成できない・



Q:なぜか?



A:

自分は働いて、社会保障にも入っている。

そのためのお金も払っている。

その自分のお金で、

他の人の医療の面倒をみるのは納得が行かない。

自分は今の仕組みで悪くはない。



====



私は、たぶん移民である彼は、

オバマケアに賛成するのかと思ったが、

結果は逆だった。



たぶん今よりも掛け金が上がったり、

保障内容が下がることを懸念しているのだと思う。



今彼が加入している社会保障の仕組みも、

基本的には、

その加入者全体で支え合っているはずだ。



しかしその仕組みの本質を理解しないで、

自分の保障は、

自分の掛け金だけで賄われていると

認識しているように感じた。



社会保障に対する認識の違いは、

自分の置かれている環境によって大きく変わることを、

強く実感した。



====



エチオピア生まれの彼に、

アベベの話をすると、

たぶん彼は生れていない時代なのだろうが、

嬉しそうに東京オリンピックのことに言及した。



そして雨のワシントンでハンドルを握りながら、

ホワイトハウスや連邦議会の前など、

有名どころでは丁寧にその説明もしてくれた。



ワシントンの郊外、

20分余りの場所に住んでいるという彼は、

実に気の良い運転手だった。



残念ながら質問しそびれたが、

TPPについては、

きっと何も知らないのだろうと思う。



アメリカの日々のテレビニュースでは、

TPPのことは、

少なくとも私が見る限りただの一度も報じられていない。



日本とアメリカ国民のTPPに対する認識は、

天と地ほどに差があるのだと思う。



機会があれば、

次のタクシー運転手さんには、

TPPのことを聞いてみたいと思う。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・10・13 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください