10月17日 その2247『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.10.17

朝、目覚めるとちょっと気温が高く感じ
た。



今朝のNYの夜明け前の気温は17度。



ここ数日よりも4度近く高い。



この程度の差でも、体感には大きな違いを感ずる、

そんな微妙な季節になっている。



北海道では雪などの低温、

伊豆大島では大変なことになっているが、

日本のことに、アメリカのニュースで、

私がお目にかかる機会はない。







1)テキスト

NYでアメリカの知人と連絡を取り合っていると、

テキストで送ってくれとのメールが来る。



テキスト??



メールはいつもテキスト形式で送っているので、

なぜ今さらテキストかと、

その意味が分からずにいた。



すると彼から携帯電話宛にSMSが届いた。



ネットで調べると、

ショートメッセージ(SMS)のことを、

テキストと呼んでいるのだ。



しかもアメリカでは、簡単な連絡の場合には、

このSMSの利用が一般的だという。



日本以外の各国は、SMSが早かった。



そのことが日本とNYの

SMS利用の差なのかもしれない。



How r u ?



SMSでは、音声入力の影響もあるらしく、

随分と言葉の省略が多い。



当初は戸惑ったが、

慣れると使い勝手は悪くない。







2)危機回避

アメリカ議会が、昨日、債務上限を短期的に引き上げ、

政府機関を再開するための

暫定予算を盛り込んだ法案を可決した。



アメリカのデフォルト(債務不履行)は土壇場で回避され、

政府機関も今日17日から順次再開する見込みだ。



デットラインに向かうカウントダウンタイマーも、

今朝は、CNNのテレビ画面から消えている。



ただし今回の措置は暫定的だ。



今回の予算可決で、

政府資金は来年1月15日まで確保された。



連邦債務の上限も2月7日まで引き上げられだ。



だがしかし、結局は、その時期が迫れば、

再び政府機関閉鎖の危機に直面する可能性がある。



今回は、オバマケア修正を人質にとった抵抗だったが、

今後も、重要政策と予算の駆け引きが頻発するのだろうか。



国会の姿は、洋の東西を問わず、

やれやれといった雰囲気だ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・10・17 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 10月17日 その2247『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください