10月18日 その2248『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.10.18

夜明け前のNY、空には星が見える。



だが小さな星は見えない。



朝の最低気温は11度。



日中は19度で、

晴れ時々曇りとの予報だ。



====



今回のNY滞在は、

政府機関が閉鎖されていたこともあり、

当初予定した行動どおりには進まなかった。



しかしこうした機会を奇貨ととらえ、

NYの日常的な雰囲気に

なるべく多く接することに心がけた。



したがって自由の女神などの観光地にも行かず、

ダウンタウンなどで街の動きを眺めることに徹した。



その結果、短い時間ではあるが、

おぼろげながらに今までにはないアメリカ像、

NY像が見えてきた感じがする。



NYで、これまでの人生にはない、

有り難い時間を過ごすことができた。



====



今日は、JFKから

デュッセルドルフ経由でミュンヘンに向かう。



明日からは、

ドイツのエネルギーシフトの状況等を、

北海道のエネチェン塾のメンバーとともに勉強して歩く。



予定が大幅に狂ったNY滞在と違って、

明日からのドイツ滞在は、

予定が密度濃く詰め込まれた日程となる。



ドイツ滞在ではいつも、多くの示唆を受けるが、

今回も日本のエネルギーの将来について、

多くのことを吸収したい。







1)髭剃り

私は、海外で余裕があると床屋にかけ込むことがある。



これまでも中国、ドイツ、イギリスなどで、

飛び込みで街の床屋に入った。



たぶん多くの人は、

日常的に通う決まった床屋があるのだと思うが、

私は、日本でも新しい床屋に行くのが楽しみの一つだ。



こんな話をすると、大体の方が、

「(新しい床屋では、)

自分の希望通りの髪型にならないなど不安じゃないか」

と驚きの雰囲気で質問をする。



そんなとき私は、いつも決まって次のことを話す。





どんな風に切られようとも、

髪型は三日すれば慣れてくるし、

いずれは髪は伸びる





色々な床屋に行くと、

それぞれの技術に大幅な差があって、

その差を感じながら散髪されるのも楽しい





実は新しい客に接する理容師さんも

ドキドキして不安なことが多い。

だから新しい床屋で散髪されるコツは、

客も堂々としておどおどしないこと。

そうすれば理容師さんも安心して散髪できる



こんなことを話すと、

各地で床屋に行く私のことを

さらに不思議がる方が多いが、

キチンと落ち着いて、髪型や希望を適確に伝えると、

ほとんどの場合、失敗することはない。



それは単に私自身がそう思っているだけで、

周囲の人は、

変な髪形と感じているかもしれないが…。



====



今回のNY滞在中も、床屋に行こうと思っていたが、

最終日まで、なかなかそのチャンスに恵まれなかった。



ところが昨日、思いがけない出会いがあった。



街を歩いていると床屋ならぬ、

髭剃り専門店に出くわしたのだ。



1間半ほどの間口の半分がショーウィンドウで、

髭剃り道具が綺麗に並んでいる。



開け放った入り口の向こうには、

65歳ほどの愛想の良さそうな男がニコニコしている。



初の髭剃り専門店に

珍しがってウィンドウを眺めている私を見て、

彼は「遠慮なく入って見て良いよ」と声をかけてくれる。



店に入ると、

カミソリ、泡だて用のブラシ、

髭剃り用せっけんなどが、

壁一面に設えられたガラスケースに

マニアのプラモデルのように並んでいる。



目を丸くして見ている私に、

彼は色々と説明してくれるが、

話が専門的すぎるのか、

彼の言葉の半分も理解できない。



だが彼は実に楽しそうに話をする。



一通り説明を聞いて店を後にしたが、

どうも気になって仕方がない。



意を決して踵を返すと、

先程の愛想の良い男が、

さらにニコニコと、

待ってましたとばかりに、

私を店に招き入れる。



結局は、人生初の

髭剃り専門店体験をさせてもらうことにした。



(とここまで書いて、

今朝は出国準備等のため時間切れだ。)







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・10・18 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください