10月20日 その2250『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.10.20

ミュンヘンの朝だ。



朝7時だがまだ真っ暗だ。



====



結局18日夜の、JFKからデュッセルドルフへの飛行機は、

離陸が二時間近くも遅れてしまった。



デュッセルドルフからミュンヘンへの移動フライトは、

その遅れを見越し、予定より一便遅らせた結果、

ギリギリではあったが何とか乗り継ぐことができた。



今回の遅れについて、

搭乗ゲートの前で待っていても、

ただの一度もアナウンスは無かったし、

当然、遅延の理由の説明もない。



変更後の出発予定時刻が掲示板に掲載されるのみだ。



いつも日本国内で、係員の皆さんの丁寧な説明を思うと、

なかなか信じ難い対応だ。





ミュンヘン到着は、

予定よりも4時間近くも後になってしまった。



====



一昨日から昨日は、こんな移動で、

結局24時間近く、ほとんど眠ることができなかった。



そのため昨夜から今朝にかけては、

十分な睡眠というよりは、爆睡した。



おかげで今朝はスッキリだ。



====



今のミュンヘンの気温は11度くらい。



日中は20度、晴れ時々雨の予報が出ている。







1)太陽パネル

デュッセルドルフからミュンヘンまでのフライト中、

飛行機の窓に顔を貼りつけて、

地上を見ていた。



ドイツの農地は、実に綺麗だ。



区画整理された直線的なものではなく、

自然のうねりに沿った柔らかなものだ。



森林の少ない地域もあるが、

全体的には極めて森林残存率の高い、

日本のゴルフ場のようにも見える。



こんな土地のあちこちに発電用風車が立っている。



大規模な風車団地ではなく、

目のつくところあちらこちらに風車だ。



以前とは、随分違った印象だ。



====



ドイツの農家など郊外の家の屋根は

赤や赤みをおびたレンガ色が多い。



その家々の屋根には、

太陽光パネルが実に多く目につく。



地上の大規模なパネル団地も目につくが、

一般住宅や納屋、倉庫などのパネルが実に多い。



大雑把に見積もって、建物全体の20%程度の屋根に

パネルが上がっているかもしれない。



さらにバイオマスの発酵槽も目につく。



====



ドイツ上空から見ても、

再生可能エネルギーへの取り組みが良く分かる。





2)Sバーン

昨日、ミュンヘン空港到着後は、

Sバーンで市内中心部に来た。



最後のSバーン利用は、

8年ほど前だったかもしれないが、

駅舎が綺麗になったところが多い。



さらに車両が揺れず、加速が良くなった印象だ。



たぶん線路の整備も進んだものと思う。



Sバーンのバージョンアップに驚いた。







今日からバイエルン州を歩き回る。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・10・20 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください