10月23日 その2253『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.10.23



ウルムで朝を迎えた。



一昨日午前は、

ミュンヘン市内の「市民エネルギー協会BENG」を訪
問し、

市民による電力会社創設について話を聞かせて頂いた。



2時間半にも及ぶ話だったが、

あっと言う間に経過し、

午前だけではなく、

午後も話を聞きたいほど、興味深い話だった。



冒頭に、

メルケル政権のSPDとの連立可能性に対し、

エネルギー省ができるかもしれないと期待する発言があった。



====



この日の午後は、ミュンヘンから300キロ以上離れた、

シュバルツバルト(黒い森)に、

9人乗りのレンタワゴン車で移動した。



目的地は、シェーナウ市だ。



シェーナウは、

人口2,500人程度の小さな自治体だが、

ここに市民が創設した

自然エネルギーだけを供給する電力会社がある。



今回の訪独の一つのハイライトだ。



====



昨日、午前、早速、シェーナウ電力会社を訪問し、

この電力会社創設の原動力となった、

スラーデク夫妻の長男セバスチャン・スラーデクさんから、

3時間以上に渡って、電力会社設立の経過及び、

自然エネルギー利用の課題などについて話を聞いた。



この日も3時間が、

短く感じられる密度濃い内容の話を聞けた。



詳細は、いずれ報告したいが、

自然エネルギーの活用、さらに脱原発に関し、

北海道が極めて優位な立場にあることを再確認した。



さらに北海道で実現できることは、

最終的に日本全体でも、

実行可能なことであることに、

強い手ごたえを感じている。



====



スラーデク氏からは、

「原発に反対する100個の十分な理由」のHPの紹介も頂いた。



http://100-gute-gruende.de/pdf/g100rs_jp.pdf



これは、シェーナウ電力会社が作成した、

原子力エネルギーの危険性を訴えた冊子の日本語訳だ。



原発の危険性や、

環境にもたらす害、

さらに利権などについて、

さまざまな切り口から解説している。



文末には、福島第一原発事故にも言及している。



スラーデク氏は、

日本の脱原発につながるよう、

多くの人に読んでほしいとのことだ。



====



密度の濃い、ドイツ視察は今日も続く。



今日の夜は、また長距離の移動後、

再度、ミュンヘンに入る。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・10・23 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください