11月4日 その2265『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.11.04



函館は晴れの朝を迎えた。



朝の気温は6度程度、

日中は14度程度になる見込みだ。



曇り時々晴れ、ちょっと肌寒いが、

残り少ない秋の一日、

戸外での活動には持って来いの日だ。







1)楽天

プロ野球日本シリーズ、

楽天の優勝が決まった。



田中将大投手の活躍もあり、

私の周囲の多くの方々も、

今回は楽天の優勝を期待していた。



その期待どおりの優勝に、

多くの人が大喜び状態だった。



これでプロ野球シーズンも終了。



今後は、来シーズンの田中将大投手の動向がどうなるのか…、

これに注目が集まりそうだ。







2)食KING市

昨日、森町で開催された食KING市にお邪魔した。



この食KING市は、

5月、7月、9月、11月の第一日曜日、

森町御幸大通を歩行者天国にして開催され、

昨日は今年最後の開催だ。



地元産の農産物、海産物、さらに加工品などを、

お値打ち価格で販売するイベントだ。



昨日は11時頃、会場に到着した。



歩行者天国となった御幸大通は、

大勢の買い物客で賑わっていた。



町長さんや実行委員長などのご配慮により、

会場で皆さんにご挨拶をさせて頂いた後、

砂原権現太鼓保存会の皆さんの演奏を聴かせて頂いた。



その後、会場をひと回りし、

焼き鳥、リンゴ、きのこ汁、

そして森名物のいか飯を頂くなど、

食KING市を満喫させて頂いた。



最後には、餅まきにも飛び入りで参加し、

多くの皆さんと交流することができた。



各地域で、自分地域のことを知り、

自分の地域を楽しむことのできる取り組みが進むこと、

これが。各地域を元気にする一つの道だ。



森町食KING市に感謝、感謝。







)再生可能エネルギー

昨年7月の電力固定価格買い取り制度導入以降、

日本でも再生可能エネルギーへの取り組みが進んでいる。



その先頭ランナーは、北海道といわれているが、

森町でも、ソーラー発電所が稼働し始めている。



森町の岩島商店が町内姫川に整備した

「ハピネスひまわり太陽光発電所」だ。



先月1日から発電が始まっている。



この発電所は、

道内初の地元資本によるメガソーラーで、

発電全量を北電に販売する。



岩島商店所有の約9ヘクタールの土地に、

縦99センチ、横195センチの太陽光発電パネル3840枚を設置。



設置容量は千キロワットで、

一般家庭消費電力の310世帯分に相当するという。



====



昨日、姫川の現場を訪問し、

岩島社長に発電所を案内して頂いた。



南の空に向けられた3,840枚のパネルが、

太陽の光をしっかりと受け止めている。



変電施設に入ると

確かにしっかりと発電されているのが良く分かる。



変換効率は、最大で98%だという。



特に気温の下がる冬期の発電が効率的だという。



これまでは、上空や離れたところから、

太陽光発電所を視察することがあったが、

実際にパネルのそばによって、

これほどの規模の発電所を見るのは初めだ。



なんとも壮観な光景だったが、

今後は、こんなありさまは、

北海道では当たり前の姿になるだろう。



岩島社長は、

子どもたちの見学なども受け入れ、

環境教育にも力を入れたいとのことで、

その姿が頼もしく見えた。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・11・4 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください