11月11日 その2272『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.11.11



日本時間の10日正午過ぎに成田を離陸
し、

ウィーン空港で乗り換え、

およそ16時間かかって、

シュトゥットガルト空港に到着した。



日本列島を北上する際に、機体が随分と揺れた。



しかし北上するにつれ揺れもおさまり、

実に良好なフライトだった。



====



夜明け前のシュトゥットガルトは、

漆黒の闇に包まれている。



特に雨降ったせいで路面が黒く濡れ、

特に夜の暗さに拍車をかけている。



朝の気温は4度程度のようだが、

函館よりも寒く感ずる。







1)卑劣

昨日、朝日新聞の報道によれば、

原子力発電に反対する団体に対し、

大量のメールが送りつけられるという

激しいサイバーテロがあった。



時期は、9月中旬から11月上旬。



朝日新聞の調査によれば、

少なくとも33団体に

253万通以上のメールが届いたという。



「反原発教徒を皆殺しにしなければ

世界平和はやってこない」

といった文言が書かれたメールもあった。



かつても反原発団体に対し

注文もしていない「大量の寿司」が届いたり、

「高額の請求書」が送りつけられたりなどの

嫌がらせがあったという。



卑劣極まりない行為であり、

断じて許すことはできない。







2)職員

東日本大震災から2年半あまり、

夕張市の財政破たんからも、結構な時間が経過した。



いずれの事案も、

当初は、現場の役所、役場の職員の不足について、

随分と報じられたが、最近はそうしたニュースも少なくなった。



職員の不足は、自治体が主体的に派遣するなど、

自治体独自の努力によって対応してきたが、

そうしたニュースも最近はめっきり減ってしまった。



こうした現場に詳しい知人から、

最近の現場の状況を聞く機会があった。





今でも職員不足が続いている





自治体からの派遣もある一定の壁を迎えつつあり、

継続派遣が難しいところもある





従来からの職員と、

さまざまな形態の派遣職員などが混在する現場捌きが、

簡単ではないこと





安定しない職場環境の中で、

退職者も多いうえ、心的疾患を患う方も多い





現場の職員確保は、

まだまだ様々な問題を抱えているばかりが、

その問題が深刻化している



====



こんなことが知人から伝えられた。



被災地などの職員の現状や課題を、早急に調査し、

自治体間での取り組み、

さらに国が主導する取り組みなど、

今一度、現場の職員体制支援などを再構築する必要がある。







3)特定秘密保護法案

昨日、成田からの機内で、あの法案の条文を

改めて読んだ。



何度、読み返しても、あまりに酷過ぎる法案だ。



====



なぜこんあばかげた法案が世に出るのだろうか。



たぶん情報全体を俯瞰する目線がないからだろう。



単に情報を秘匿する、

特に軍事やテロ分野での情報秘匿だけに

目が行っているからこんな法案ができるのだと思う。



====



日本における情報の位置づけ、

あり方を広く議論する必要がある。



それと同時並行して、

情報公開、個人情報保護、公文書管理などの

個別分野を論ずる必要がある。



その上で、秘密とは何かを論じなければならない。



情報はすべて有機的に結びついている。



そこを忘れて、秘匿すべきことだけを議論するから、

こんなとんでもない議論になるのだと思う。







4)安倍改憲政権の正体

斎藤貴男著『安倍改憲政権の正体』(岩波ブックレット)を紹介したところ、

実に多くの皆さんから、良い本を紹介頂いたとの声を頂く。



引き続き、多くの皆さんに読んで頂きたいと思う。



なおこの2日あまり、

「正体」を「招待」と記していた。



お詫びして訂正します。







今日から4日半、

ドイツのエネルギー事情について、

政府関係者などから話を伺う。



密度の濃い4日半となるよう大いなる期待をしている。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・11・11 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください