11月17日 その2278『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.11.17



ドイツ政府、ドイツ連邦議会の招聘によ
る、



「エネルギー効率と

 再生可能エネルギー」プログラムを



終えて帰国した。



昨日の日記でも書いたが、

実に多くの成果があった。



特に先月の

エネチェン支援塾での訪独があったおかげで、

今回のプログラムが、

私にとって、より一層効果のあるものとなった。



改めて地元を含む、

多くの関係者の皆さんに感謝したい。



さらに函館など、

地元予定の一部を

キャンセルせざるを得ないこととなったが、

ご迷惑をかけた皆さんには

お詫びしなければならない。



今後、少しづつではあるが、

必要とされる多くの皆さんに

この成果を還元して行きたいと思う。







1)まとめではないが…

今回と先月のドイツ訪問を通して感ずることは多く、

いずれ、多くの方々に報告しなければならない。



今日は、まとめではないが、

いくつかのことを記したい。



〈意志の統一〉

基礎自治体、州、民間企業、

電力会社、財団、協同組合など、

多くのところを回った。



しかし、この10日あまりの中で、

多少言葉の違いはあれ、

各団体などで話すことにそれほどの相違がない。



原発の課題、

再生エネルギーの必要性などに関し、

皆さんがほぼ同じ話をする。



これには驚いた。



もちろん地域も、

組織の形態も違う皆さんが

口裏を合わせることはあり得ない。



繰り返す議論の結果、

多くの皆さんに

共通の認識が生まれているということだろうか。





〈2022年原発ゼロ〉

各党など政治的にも、

あるいは経済界にも、

脱原発について、

未だに賛否があるのは事実だ。



しかし、2022年原発ゼロは揺るがない。



多くの方が確信を持ってそのことを指摘する。



政治的に、

2022年原発をゼロを覆すのは不可能だと、

多くの人が認識している。



その背景にあるのは、

原発に対するそもそもの問題、

さらに反原発という明確な国民の意思だ。





〈民意〉

あらゆる場面で、強調されるのが民意だ。



原発に対する科学的、

技術的不安にあわせて、

さらに重視されていたのが民意だ。



「これが民意だ」

「それが民意だ」



この言葉を何度聞いただろうか。





〈今後の課題〉

2050年に再生可能エネルギー80%

これを実現するための課題は明確だ。

(もちろん解決策は、

今後に委ねられるところも多いが。)



第一:

変動幅の大きい再生可能エネルギーに対応できる

フレキシブルな発電



第二:

電気を貯めること



第三:

使う側のマネージメントを強化すること

(使いたい時に使うから、

電力のあるときに使うなど。)



第四:

従来型発電ではなく、

再生可能エネルギーに対応した、

発電送電供給システムを構築すること



第五:

送電網の整備とスマートグリッド





〈最終処分〉

ドイツでも最終処分は手つかずだ。





〈再処理〉

ドイツでは再処理は全く視野から外れた。





〈経済と原発〉

脱原発、エネルギーシフト、

この中で新たな経済モデルを構築する。



「それを実現できるのはドイツ」

「我々がその分野で世界をリードする」



あらゆる場面で、こうしたニュアンスの言葉を聞き、

ドイツが世界をリードする強い意志を感じた。





〈電力会社と原発〉

大きな電力会社は、

エネルギーシフトには賛成のようだが、

脱原発には基本的に反対のようだ。



しかし、電力会社の連合体は、

早々と賛成の意思を表明し、

先の戦略を考えている。



現実的には、

大手電力会社も脱原発を前提にした戦略を構築し、

将来に向かって走らざるを得ない…、

そんな雰囲気を感じた。

(もちろんこの背景には、民意がある。)





〈コスト〉

今後の課題は、コストだ。



だが長期的に見ると、

原子力のほうがコストが高くなるとの見通しが、

ドイツにはあるようだ。



また現に、

イギリスの新しい原子力発電所のコストは、

ドイツの太陽光、風力よりも高い。





〈進化するFIT〉

ドイツで固定価格買い取り制度(FIT)が導入されて

20年以上が経過するという。



その初期FITも役割を終えて、

次の内容を構築すべき時期に来ている。



FITは進化している。



(日本もいつ、

今のFITから次の段階に入るのか、

しっかりとした見極めが必要だ。)





〈フランス&ネットワーク〉

ドイツはフランスから電気を入している…、

これは間違いのようだ。



確かに季節的にはフランスから

電力を入しているのは事実だ。



しかし、トータルでドイツは、原発の輸出国だ。



ヨーロッパの多くの送電網がネットワーク化されている。



これは発電量の変動を抑制する点で有利かもしれないが、

国の個別の事情に応じた機敏な対応をするには不都合だ。

(つまり閉じられたネットワークしか持っていない日本、

あるいは北海道は有利とも言える。)





〈コミュニティ〉

脱原発、エネルギーシフト、さらに最終処分場の選定、

このいずれの点においても、

自治や小さなコミュ二ティ、

あるいは協同組合、NPOなどの取り組みが重要との指摘が多い。

(この点、日本では、あるいは多くの国会議員は、

全く別の考えを持っている。

小さな自治は、レベルが低いなどと…。)





〈自治と国政〉

ドイツの話ではないが、

今回も国政の場にいる多くの人が

自治のことを理解しない姿には、ちょっと辟易とした。



国家全体の見地から自治に言及した途端、

嫌な顔をしたり、

国政から自治へ移動した方がよいかのような発言があり、

あまりの想像力の無さにうんざりする。





〈連邦参議院〉

ドイツの連邦参議院の威力を、

幾つかの場面で感じた。



バーテン=ヴュルテンブルク州の

地域に合致した政策の実現に、

連邦参議院は有効に機能しているようだった。





〈政治、あるいは政治家〉

政治家になって一年も経たない方々が、

いっぱしの政治家気取りでいる姿に、危うさを感じた。



私は、政治家になって来年で20年になる。



私は、鈍牛の歩みであり、能力が低いのだろうが、

未だに政治家として口をきくことに躊躇する。





〈農業〉

ドイツの農業は、一見古くさく見える。



しかし乳製品は、EUへの輸出国であるなど、

ドイツの農業はなかなか優れている。



その心は何か、我々はもっと勉強する必要がある。





〈観光、そしてサービス〉

ある程度の観光地やちょっとした田舎、

これらの地域に存在する宿のレベルは高い。



たとえば今回のシェーナウ、

ティティゼ―・ノイシュタット、

こんな宿は日本ではなかなかお目にかかれない。





<論法、納得>

目的を達成するため、

実に多くの論法を探し当てるものだと感心した。



何とか皆に納得してもらおうという民主主義の精神が、

日本よりはちょっと深く根付いているのだろうか。





<総合性>

太陽光に関して、数多くの視点から研究していることを知った。



多方向から総合的にものを見ていることに頼もしさを感じた。





<通訳>

尋常な仕事ではない。

特に今回の石川通訳には脱帽だ。





まとめではないが、

今回のドイツ訪問のとりあえずの感想だ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・11・17 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




3 Responses to 11月17日 その2278『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください