11月19日 その2280『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.11.19



夜明け前の函館は、曇りの朝だ。



路面は濡れているが、凍ってはいない。



今の気温は4度、日中は9程度。



曇り時々雨の予報だ。



====



昨日、帰函した。



帰函後、早速、事務所で打ち合わせを行い、

今後の日程等を確認している。



気が付いてい見ると、

今月、先月と2度の訪独で頂いた資料は、

何と小型のトランク一杯ぶんにもなっていた。



これから、

これらの資料を読み解かねばならないのだが、

さて何処から手を付けるべきか…。







1)特定秘密保護法案

特定秘密保護法案が、

修正採決されそうな雰囲気になっている。



とんでもないことだ。



現在、与党から出されている修正案は、

いくつのかの報道にもあるとおり、

何の意味もない修正だ。



多くの現職国会議員に対して、採決しないよう、

廃案にすべきと訴え続けねばならい。







2)長い道のり

福島第一原発4号機の

使用済み核燃料プールから核燃料の取り出しが始まった。



報道されているとおり、

確かに廃炉に向けた第一歩であるには違いないが、

廃炉には、今後、30〜40年もの年月を要すると言う。



4号機プールに保管されている核燃料は1533体

(使用済み1331体、未使用202体)。



しかも使用済み核燃料プール建屋が傾いていることを除けば、

4号機の状態は、他の原子炉に比較して、悪くないほうだ。



条件の良い4号機でも、この移送だけで1年以上かかる。



1〜3号機の廃炉については、全く手付かずの状態。



たぶんこちらの廃炉は、40年では済まないのだと思う。



私の生きているうちに、廃炉完了の日を迎えることはない。





確かに一歩であるには違いないが、

気の遠くなるような長い作業の始まりだ。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・11・19 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 11月19日 その2280『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください