11月26日 その2287『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.11.26



昨日は、朝から長万部、八雲、森、

そして知内を回って、

町長さん、議長さんをはじめ

自治体の皆さん、

農業、漁業、林業、商工業、

福祉関係の皆さんなどから、

地域の課題について話を伺い、

意見交換をさせて頂いた。



いずれの地域でも、

それぞれの課題について、

非常に有意義な意見交換をさせて頂いた。



全ての課題を

一気に解決できるものではないが、

少し工夫すれば、

実現できそうなものも多い。



私なりの戦略を

地元の皆さんと一緒に考えつつ、

地域課題の解決に向けて、

ガッチリと取り組みたい。



意見交換の中で、

多くの方から交付税の削減について、

深刻な懸念の声が寄せられた。



TPP、大間原発についても、

現政権が選挙中に話していたことと、

現実が違っていることについての

不満の声も出た。



当然だと思う。



一方で、特定秘密保護法案

についての意見は一つもない。



この法案の浸透度合いは、

まだまだ不十分なのだと思う。



為政者たるものは、

難しい案件であればあるほど、

国民に丁寧な説明を

しなければならない。



丁寧な説明をして、

その上で、キチンと賛否を問うこと、

これが、当たり前の為政者が行うことだ。



国民が十分に理解もせず、

賛否も言えない状態の中、

その状況を国民の反対がないと曲解して、

難しい案件を押しとおすこと、

それは民主的な社会では

絶対に行ってはならない。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・11・26 Seiji Ohsaka

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 11月26日 その2287『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください