11月30日 その2291『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.11.30



昨夜遅く、南茅部のひろめ荘に入った。



今朝、早い時間に定置網の巻き上げ漁船に乗るためだ。



私もスケソウダラのTACなどをはじめとして

漁業に随分と力を入れている。



しかし、地元の定置、大棒網漁の模様を

沖合で見たことはない。



そのため以前から、漁に支障のない範囲で、

漁船に乗ることをお願いしていた。



今回、それがやっと叶った。



====



午前4時、臼尻港から漁船に乗り込み、

定置の現場に向かう。



この時期のこの時間、当然、空は真っ暗。



幸い今日は、風も弱く海はないでいる。



ところが船に乗る前から、

今日は潮の流れが速いため、

網上げはできないかもしれないとのこと。



魚群探知機で、あらかじめ網の状況が、

ほぼ分かるのだという。



港の出て10分あまりで、

定置の場所に漁船が近づく。



先に到着していた漁船から、

どうも網上げは難しそうだとのサインが送られる。



私の乗った漁船に同乗した船主も、

残念だが潮が速すぎて網上げができないと判断。



結局は、二隻とも空振りで港に戻ることになった。



これが漁の現実だ。



どんなに天気が良さそうであっても、

こんな日も多いのだという。



====



今回、私が乗船をお願いした船主は、

定置を2か所、船を4艘所有している。



それを切り盛りする乗組員は26名だ。



当然なことだが、漁があろうがなかろうが、

乗組員の皆さんには、

給料を払わなければならない。



だからこそ、漁のある時には、

少しでも利益を確保する必要がある。



今日の乗船で、

こうしたことを身をもって知ることができた。



漁師さんたちと一緒に船に乗り込んで、

貴重な体験をさせて頂いた。



今後の仕事に少しでも反映したいと考えているし、

さらに網上げが可能なチャンスに

再度、船に乗りたいと思っている。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

         2013・11・30

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください