12月4日 その2295『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.12.04

ついにというか、一進一退だった風邪の状
態が、

一気に悪化し、昨日は原稿のチェック以外、

何もできない状態になってしまった。



早めの休養を取らなかったツケが回って来た感じだ。







1)特定秘密保護法案

特定秘密保護法案に対する政府与党の対応は狂気だ。



昨日の参院特別委員会でも、

3人の参考人がこの法案に対する懸念を述べ、

二人が廃案、一人が慎重審議と修正を求めた。

(与党推薦の参考人すら懸念を述べたのだ。)



それにも関わらず、

政府与党は、今日の公聴会の開催を強行的に決定した。



地方公聴会の開催を前日に決めるなんて、

通常はあり得ない話だ。



はなから政府与党には、

この法案をしっかり審議する気なんてさらさらなかったのだろう。



明後日6日の臨時国会最終日までに、

この悪法の本質が国民に見破られる前に

とにかく成立させたいのだと思う。



そのために、キチンとした審議などはせずに、

審議をした形跡をアリバイ的に残す…、

それだけのための参院になっている。



====



こうした動きに対して、

学者も、弁護士も、映画人も反対を唱えている。



以前に10月29日付のニューヨークタイムズの社説も

この法案を批判していることを紹介した。



今回さらに、国連の人権保護機関のトップ、

ナバネセム・ピレイ人権高等弁務官が、

一昨日、特定秘密保護法案について懸念を表明した。



特定秘密保護法案は



「何が秘密を構成するのかなど、

いくつかの懸念が十分明確になっていない」



と指摘。



「国内外で懸念があるなかで、

成立を急ぐべきではない」



と慎重な審議を促している。



ピレイ氏は同法案が



「政府が不都合な情報を秘密として認定するものだ」



としたうえで



「日本国憲法や国際人権法で保障されている

表現の自由や情報アクセス権への適切な保護措置」



が必要だとの認識を示している。



====



これでも政府与党は、

数の力で可決させるというならば、

それは狂っているとしか言いようがない。



民主主義国家「日本」の沈没の始まりだ。







2)緊急集会

本日18時30分より、

函館市民会館3階小ホールで、

特定秘密保護法案反対の緊急集会を開催する。



もちろん私も参加してマイクを握る予定だ。



どなたでも参加できる。



是非、多くの皆さんにおこし頂きたい。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

        2013・12・4

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください