12月5日 その2296『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.12.05

昨日の参院での

特定秘密保護法案についての質疑を聞いた。



法案が不備だらけであることが明らかであるにも関わらず

法案の成立を急ぐのは、どう逆立ちしても理解できない。



さらに問題なのは、

秘密保護だけに焦点が当たっていることだ。



本来は、情報全体を見据えた議論が必要だ。





1)特定秘密保護法案廃止集会

昨夜、函館市民会館で、

特定秘密保護法案の廃止を求める集会が開かれ、

私も参加し、30分にわたって

法案の問題点について話をさせて頂いた。



集会への参加者は、主催者の予想を上回って、

準備した椅子が足りなくなるほどの盛況ぶり。



350名を超える皆さんにお越し頂いたものと思う。



最近になってやっと、

この法案の問題点が、

国民の皆様に理解して頂けるようになりつつある。



政府与党は、早急な法案成立を意図しているようだが、

そんなことができる状況ではないことを、

十分に認識すべきだ。



====



こうした中、政府、与党は、

特定秘密保護法案に関し

今日の参院国家安全保障特別委員会の質疑終了後に

採決する方針を固めたという。



当然、採決強行も辞さない構えだ。



さらに与党幹部は明後日の国会会期末を待たず、

今日の参院本会議で採決し、

成立させることもあり得るとの認識を記者団に示している。



完全に狂っているとしか思われない。



昨年の総選挙、この夏の参院選挙でも、

この法案についての話題はなく、

だまし討ちのような格好で、

国家の根幹を揺るがす法案を

強行的に成立させるとは、言語道断だ。



平和主義、国民主権、基本的人権を脅かす上、

三権分立のバランスも崩れ、

日本の民主主義を突き壊すこの法案は、

何としても廃案にしなければならない。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

        2013・12・5

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 12月5日 その2296『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください