12月7日 その2298『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.12.07

特定秘密保護法が成立した。



三権分立を突き崩し、

基本的人権を侵害する、

そんな懸念を払拭できない法律が、

政府与党の強行的な国会運営によって、

いとも簡単に成立した。



国民の皆さんから見れば、

また国会のドタバタと見えるのかもしれない。



今回のドタバタは、今までのドタバタとは質が違う。



現行憲法を否定し、

国民主権、民主主義をぶち壊す暴挙だ。



絶望感で、

体が凍りつくような朝を迎えているが、

怯んでいる暇はない。



日本の民主主義を進化させるため、

私の活動を継続せねばならない。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

        2013・12・7

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 12月7日 その2298『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください