12月11日 その2302『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.12.11

昨夜、札幌で会合があったため、

今日は札幌での朝だ。



雨が降っている。



昨年のこの時期と比較すると、

冬の到来は遅い。







1)昨日、八雲町で農民連盟の皆さんが主催する、

TPPに関する勉強会に出席した。



昨年の総選挙以降、

農業をはじめ一次産業、基本的人権の問題、

医療、福祉、教育など、さまざまな分野の状況が、

国民の皆様に十分な説明もないままに、

たった一年で一変したことなどを話させて頂いた。



特に新政権の農業政策が、

地域や個別の農家を守る方向にはない、

その可能性が高いことを説明すると、

参加された多くの皆さんが頷いておられた。



TPPに関しては、

徳永エリ参議院議員から詳細報告があったが、

これにも多くの皆さんが、なるほどと頷いておられた。



TPPは、単なる貿易問題ではなく、

国家のかたちを根底から変化させる大問題であることが、

多少なりとも理解されたのでないかと思う。



質疑の中で、

TPPは国会での批准が要件なのだから、

国会議員がもっと国会議員を説得すべきといった発言があった。



まったくその通りなのだが、

国会議員を説得する鍵、力になるのが国民の声だ。



国民の多くの声があってはじめて、

TPPを推進する議員の思いを

翻意させることができるのだ。



したがって様々な形で、

国民の皆様が声を上げ続けることが重要だ。



TPPの年内合意は見送られたようだが、

これまでに合意したことも国民には全く知らされず、

こんな理不尽な交渉に改めて強い違和感を感ずる。







2)原子力

一昨夜、函館で菅元総理が、

原子力ゼロを目指して、力強い決意を語った。



国民の多くが原子力ゼロを望み、

幾人かの元総理をゼロを主張し始めている。



この流れをなんとか具体のものとしなければならない。



一方で現政権は、

原子力への回帰を明確にし、

政権と国民の意思の捻じれは明確だ。



昨夜、札幌市で

エネルギーシフトに関する会合があった。



その場でも、小さくてもよいから

具体的な取り組みの重要性が話し合われている。



具体的なこと…、

そのことにしばらく思いを巡らせてみたい。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

        2013・12・11

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください