12月15日 その2306『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.12.15



函館は、今日も寒い氷点下の朝を迎えた。



今、雪は降っていないが、

昨夜までに結構な雪が積もった。



日中も雪が降る見込みだ。



朝の気温は氷点下6度、

日中は零度との予報が出ている。







1)意見交換

昨日は、街宣、オープンミーティング、

政治塾最終回、さらに三つの忘年会など、

出会いの多い一日だった。



昨年の総選挙から、一年が経過した。



一年前に、想定した、あるいは期待した日本に、

地域に、生活になっているか…。



昨日は、多くの場面でそんな話をさせて頂いた。



====





原子力ゼロから原子力政策の推進





抑制的な防衛力から積極的な戦力保持への転換





中国、韓国との外交関係の悪化





大企業、投資家中心の経済へ





TPPの積極推進





公共投資の増大による弊害





自助という福祉、社会保障の縮小





教育への政治介入の強化





上意下達的な隷属的自治





憲法三原則の後退変質



====



一年前の総選挙時には、

多くの国民の皆さんが想像もしなかった姿に向かって、

今の日本が進んでいるのではないか。



こんな話だった。



国民の思い、意思と

安倍政権の乖離が進行する。







今日も、しっかりと前進します。

=============

        2013・12・15

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 12月15日 その2306『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください