12月22日 その2313『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.12.22



冬至の朝を迎えた。



函館は晴れだ。



気温はマイナス2度。



正午頃には、1度程度になる見込みだが、

終日、零度、あるいは氷点下の気温となるようだ。



====



以前は、夏至が好きな季節だったが、

最近は冬至の暗さも結構好きな時期だ。



暗さから落ち着きを、

そしてさらにその中に潜む力を感ずる。



闇夜が何とも心地よい感じがする。







1)後援会

昨夜、私の連合後援会の会合が催された。



私のドイツ視察報告、

さらに後援会の各種報告、

そして忘年会だ。



年末を迎え忙しい中、

多くの皆さんに参加頂いた。



私の活動は

こうした後援会の皆さんの思いに

支えられている。



後援会の皆さんの尽力に心から、

心から感謝している。







2)禁じ手

安倍政権が地方自治を考えるうえで、

絶対に行ってはいけないことを

来年も継続するようだ。



====



2014年度の地方交付税総額16兆8900億円のうち

3500億円分を、

国の要請に応じて13年度に職員給与をカットした地方自治体に

上乗せして配分する方針を固めたというのだ。



====



地方交付税は、こうした財源ではない。



地方交付税税で

給与削減を誘導するようなことを、

絶対に行ってはならい。



こんなことをしていると、

自主自律的な自治が死に絶えてしまう。



国の指示待ち、依存型の自治が蔓延する可能性が高い。



こんなことをしていると、

最終的に足腰の強い民主主義国家とはならない。



上意下達的な依存型民主主義国家が見えてくる。







今日も、しっかりと前進します。

=============

        2013・12・22

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください