12月24日 その2315『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2013.12.24



函館は、一面真っ白だが、

穏やかな朝だ。



朝の気温はマイナス2度だ。







1)情報

特定秘密保護法のでたらめさは、

いくら語っても語り足りないが、

情報に対する考え方を整理したい。



====





情報は民主主義の原動力であり

国民が情報にキチンとアクセスできること、

すなわち情報公開が原則





しかし日本の情報公開の基盤は

法的にも、施設的にも、運用的にも貧弱





加えて、

行政情報をどう記録するかという、

公文書や行政情報の出発点の議論は、

全く未成熟





そのため、

日本において情報をどうとらえるかを

次の点などを柱にして、

総合的に検討する必要がある



民主主義国家として情報はどうあるべきか



その観点から、

現行法体系、現行施設、現行の運用状況など、

現状を整理し、課題を把握する



その上で、法的対応など、

すべきことを明確にすること





以上の総合的な検討を踏まえて、

日本の情報公開基盤の整備を行う





これらを明確にする中で、

極めて限定的に秘密について、

分かりやすく整理すること





特に秘密に関しては、

第三者性の確保について、

十分な配慮が必要



====



何度も繰り返すが、

秘密保護制度を創設するよりも先に、

対応すべきことが山のようにあるのが、

日本の現状だ。







2)なし崩し

政府は23日の持ち回り閣議で、

治安情勢が悪化している南スーダンでの

国連部隊に銃弾1万発を無償で譲与する方針を決定した。



韓国軍に提供される見通しだという。



日本が国連軍を含む他国軍に武器を提供するのは初めて。



====



緊急性と人道性が極めて高いことを理由に、

武器輸出を全面的に抑制する「三原則」の例外だという。



緊急性と人道性…、

こんなことを言い出したら、

何が歯止めになるのだろうか?



17日に武器輸出三原則見直し検討が閣議決定され、

23日の持ち回り閣議決定。



なし崩し的に武器輸出三原則も突き崩されてゆく。







今日も、しっかりと前進します。

=============

        2013・12・24

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください