1月15日 その2337『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.01.15



昨日は都内で、

いつもお世話になっている皆さんなどに

挨拶回りをした。



最近はなかなか

お邪魔できないことが多い方々ばかりだ。



元気で走り回っていることを

報告させて頂いた。







1)成人式

今年も、テレビなどで

各地の成人式の様子が紹介された。



私の感覚では、

成人式は未だに1月15日、

そんな雰囲気だ。



まあそれはさて置くとして、

やはり成人式からは相当な違和感を受ける。



皆さんが、多少着飾るのはまあ良しとても、

その感性が、大人というか20歳とは思い難いのだ。



あの感性は、どう見ても「七五三」だろう。



親に手を引かれて

お宮参りをしている子供そのものだ。



年齢が20歳だから、

体も声も大きく酒が飲めるし、

自分で行動できる。



そんな人たちが七五三祝いをしているのだから、

何とも居住まいが悪いのだ。



もちろん、

そんな方々ばかりではないことは理解しつつも、

テレビからうける成人式の印象は決して良くはない。







2)簡潔に

最近、多くの皆さんから、安倍政権が、

何かおかしいと感ずるという方が、

多少増えてきた感じがする。



しかしその「おかしさ」が何なのかを

具体的に言葉で表現できないという方も多い。



そうした方に、直接、説明すれば、

ああなるほどと納得される方も多いのだが、

全ての皆さんに個別で説明するわけにも行かない。



そこでとにかく、何でも良いから、

安倍政権も個別政策の問題点を、

一行が二行で

簡潔に説明したものが欲しい

とのリクエストも多い。



それは簡単なことではないが、

何か作成しなければと思っている。



====



【特
定秘密保護法】



・秘密の範囲が曖昧で、内閣の裁量で秘密が決められる

・国会や裁判所よりも内閣の力が強まって三権分立が崩れる

・知る権利や優越的人権である「表現の自由」が脅かされる


【原子力発電所】

・処理できない使用済み核燃料が既に1万7千
トンも存在
・行き場のない原爆5千発分のプルトニウム44トン
 
(プルトニウムの半減期は2万4千年)

・原発はひとたび事故が発生すれば重篤で回復不能になる



【教
育への政治介入強化】

・教育に対する知事市町村長の権限強化

・教科書検定や歴史教育への政府の介入
・愛国心や道徳感を強要する可能
性の高い教育



【経
済と財政】

・大企業、多国籍企業、投資家に有利で地域や個人に不利
な政策
・需要増ではない円高などで物価上昇の反面、上がらない賃金

・金利上昇で公的債務に対する利子の増大(財政拡散)懸念



【消
費増税】



・社会保障基盤と財政基盤強化が目的だったが公的投資等財源に

・低所得者、小規模事業者への配慮が不足

・医科、歯科、調剤への配慮がなく医療基盤が揺らぐ可能性



【平和主義の崩壊】



・専守防衛を目的とする抑制から増大する防衛に

・武器輸出三原則の見直しで平和主義が骨抜きに



【自民党憲法改正草案で憲法三原則の崩壊】

・平和主義から武力主義

・国民が主役の国民主権から国による統治強化へ

・表現の自由などの基本的人権の制限へ



【情
報統制圧力の高まり】


・少人数の国家安全保障会議で重要事項を決定

・議論の内容は特定秘密保護法で秘密に
・NHK人事への政治介入強化による
政府広報化への懸念







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・1・15

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください