1月17日 その2339『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.01.17



昨日、札幌市内で会合があり、

今日は札幌で朝を迎えた。



昨日はタイトな時間の中で、

新年の挨拶にも伺っている。







東京都知事選挙の構図がほぼ固まったようだが、

どうも腑に落ちないことがある。



都内も札幌も、あるいは全国各地で、

イルミネーションが満載だ。



いたるところがイルミネーションだらけだ。



脱原発が、全国的に、

あるいは各地で議論になっている。



電気のコストも問題だ。



そんな中で、電気使用料を少しでも減らすことが、

一つの重要なポイントだ。



だが最近は、そんな雰囲気は微塵も感じられない。



電気をふんだんに、

十分に使って良いかの雰囲気が蔓延している。



脱原発であろうがなかろうが、

電気使用量を少しでも減らすこと…、

これが大事なことだろう。



社会全体から何かおかしな雰囲気を感じている。







今日は朝のうちに帰函だ。



今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・1・17

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 1月17日 その2339『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください