1月21日 その2343『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.01.21



昨日、都内で打合せがあったため、

今朝は東京からの発信だ。



朝5時、外はまだ真っ暗だが、

南西の空に

月齢20日の大きな月が輝いている。



朝の最低気温は零度程度だ。



函館は今日、

久々に真冬日を脱する可能性があるが、

どうなるか。







1)特定秘密保護法

今日の毎日新聞に、

特定秘密保護法に関する私の意見が載っている。



機会のある方は、是非、お読みいただきたい。



== 以下、概要 ==



情報は民主主義の原動力だ。



情報が届かなければ主権者である国民は、

政治に対して適切な判断ができない。



秘密保護法の審議を見ていて、

政府にそのことを理解している人はいなかった。



まず「公的な情報とは何か」

という原点に戻って大局的な議論をすべきだ。



公文書管理法が作られる際、

「公文書」の定義が

あいまいなまま法律が成立した。



この問題を放置したまま議論をしてもだめだ。



何が公文書で何が私的文書か。



電子媒体や画像も含め明確ではない。



情報が永久に

「秘密の箱」に詰め込まれないうちに取り組むべきだ。



== 以上、概要終了 ==



公的な情報とは何か、

公的な諸活動をどう記録しどう保管するか。



この議論を徹底的かつ

日常的に議論しなければならない。



日本ではこの議論が圧倒的に少ない。



この議論をしなければ、

守るべき秘密の範囲が膨大になり、

民主主義の原動力たる情報が

適切に流通しなくなる。



この十分な議論があって初めて、

公文書管理法や情報公開法の意義が増してくるのだ。



逆に特定秘密保護法が強行的に成立させられて、

その後に、公文書管理法や情報公開法を

急ごしらえで改正すれば

何とかなるとの議論に持ち込まれた段階で、

民主主義の原点を踏み外しており敗北だ。



先に議論すべきことは、

公的な情報は何かということであり、

そこを脇に置いたままの議論では

情報の秘匿は権力者の意のままになる恐れが強い。



====



逆説的だが、

真に必要な情報の秘匿、秘密を実現するためには、

徹底した情報公開が原則になる。



徹底した情報が原則になれば、

どうしても秘密にしなければならないものを、

極めて厳しく検討せざるを得ないからだ。



公開が原則である社会の中では、

守るべき秘密の保護に強い力を割かざるを得ないのだ。



逆に秘密が先行する社会では、

情報公開がおろそかになるのはもちろんだが、

まもるべき秘密が膨大すぎて、

真に守るべき情報が何であるのかが

分からなくなる可能性がある。



結果的に情報秘匿の脇が甘くなり、

情報漏えいに繋がる可能性が高い。



秘密が前提の社会は、

権力者にとっても

国民にとっても不都合な社会なのだ。



逆説的だが、

権力者が真に守るべき情報を確実に守るためには、

情報公開を原則とすべきなのだ。



====



繰り返すが、



公的情報とは何か、

公的諸活動をどう記録し保管するか、



この議論が

公開と秘密の大前提になっていることを

忘れてはならない。



この議論を日本の総力を挙げて行うべきだ。



そうしなければ日本の歴史が、

両手からこぼれ落ちる砂のように、

時々刻々、失われてしまう。







2)大間原発

各紙が小さく報じていたが、

一昨日のNHK日曜討論で、

安倍総理が大間原発について

極めて重大な発言をしている。



==以下は産経新聞の報道==



安倍晋三首相は19日のNHK番組で、

原発の新設や増設をしない方針を明言していることに関し、

電源開発が建設を再開した大間原発や、

設備がほぼ完成している中国電力の島根原発3号機は

計画を推進する考えを示した。



==以上、引用終了==



一昨年の総選挙時に話していたこととは、

全く違う方向に進んでいることをどう説明するのか、

与党の方々の考えを聞いてみたいものだ。







3)脱原子力社会

本日夕方、札幌市内で、

有志の皆さんが主催する

逢坂誠二の話を聴く会が開催される。



昨年の二度にわたるドイツ視察の報告を行い、

脱原発社会の実現に向け、

今後の日本の取り組むべき具体策などについて話をする。



====



日 時:

1月21日(火)18時30分〜20時30分(開場18時)



会 場:

かでる2・7 820研修室

(札幌市中央区北2条西7丁目) 



内 容:

第一部 逢坂誠二のドイツ視察報告

第二部 対談

逢坂誠二

 &鈴木亨(NPO法人北海道グリーンファンド理事長)



参加費:

1,000円(申込不要、直接会場へお出かけください)



主 催: 逢坂誠二の話を聴く会・札幌 



====



是非、多くの皆さんにご参加頂きたい。







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・1・21

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 1月21日 その2343『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください