1月27日 その2349『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.01.27



今日は、打合せのため、

昨夜遅く都内入りした。



新千歳からの飛行機が雪のため、

1時間ほど遅れたため、

予定よりも到着がさらに遅くなった。



函館の気温は、

相変わらず氷点下だが、

都内は零度前後だ。







1)NHK

NHKの籾井会長の発言が波紋を広げている。



国内はもとより、海外からも、

その歴史認識や、

公共放送のトップとしての見識を疑う

非難の声が多いようだ。



ネット上では、

こんな方がトップなら受信料を払う必要がない

との書き込みもあるが、

そうした声が出てもおかしくない。



とにかく会長どころか、

即刻、公共放送に関わることをやめるべきだ。







2)景気と財政

安倍総理は、

現在の日本の景気がどうなることを望んでいるのか、

そのゴールが見えていないのではないか…、

そんな印象を持っている。



・物価上昇

・賃金上昇



総理はこの二つについて、

しばしば口にする。



これが目指す姿なのだろう。



====



賃金が上がる



買い物が増える

(需要増)



物価が上昇する



需要増に応ずるために新規設備投資が増える



さらに賃金が上がり需要増、

設備投資が増える



こんな感じなのだろうか…。



====



ここで問題は、やはり金利だ。



いつも書いているが、

日本の国と地方の借金は1千兆円。



今の日本の長期金利は1%未満と、

世界の中では異常に低い。



この低金利は、

日銀が国債を引き受けることで

実現していると言わる。



仮に金利が1%上昇すれば、

平年ベースの単純計算で、利払いが10兆円増える。



これは消費税に換算すれば4%相当分になる。



金利上昇1%で、

今回の消費増税3%分以上の歳入が失われることになる。



====



アメリカの現在の長期金利は3%弱だ。



日本の長期金利が上昇に転じない保証はない。



上昇すれば、とんでもないことになり兼ねない。



それを防ぐために、

日銀はさらに国債引き受け量を増やすのだろうか。



自国の借金を、

自国の中央銀行が引き受け続けることは、

いずれ限界がくるだろう。



私には、その限界がいつなのか分からないが、

その限界を超えたときに、

インフレになるのかもしれない。



そうなれば、

この国の借金は、国民資産によって、

補われることになる…。



====



景気が上昇すれば、

財政危機に陥る、

日本はこのジレンマの中にいる。



安倍総理にはこうしたシナリオがないのだろうか。



だからこそ、私は、急激な景気上昇ではなく、

(国民受けは悪いかもしれないが、)

緩やかな変化が望ましいと考えていた。



だが既に、

国民を乗せたジェットコースターは出発してしまった。







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・1・27

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください