1月30日 その2352『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2014.01.30



函館の夜明け前、

気温が久々にプラスだ。



2度程度だろうか。



日中は7度程度にまでなる見込みだ。







1)新年交礼会など

昨日、函館市老人クラブ連合会の新年交礼会に招かれ、

来賓として紹介を頂いた。



村瀬会長をはじめ

連合会の皆さんには本当にお世話になっている。



しかし、その後、木古内での新春の集いがあるために、

冒頭のみの出席で中座せざるを得ず、

誠に申し訳なく思う。



====



函館市職労の退職者会の新年会にも招待を頂いたが、

こちらは開始時間が遅いため、

会場準備をされている大友会長をはじめ、

会員の皆さんにご挨拶に伺った。



感謝。感謝。







2)木古内・知内

昨夜、木古内・知内後援会の新春の集いが開催された。



町長さん、副町長さん、議長さんをはじめ、

多くの皆さんに参加頂いた。



私も予定の時間をオーバーして、

多くの話をさせて頂いたが、

参加された皆さんにも熱心にお聞きいただき、

本当に有り難く思っている。



後半は、居酒屋に席を移して懇親会を行った。



ここでも2時間にわたり、突っ込んだ話ができた。



私が望む、一つの形がここにある。



形式的な交流ではない、

真に膝を交えた交流だ。



また長い間、後援会長をおつとめ頂いた四渕さんから、

今回、松台さんへのバトンタッチも行われた。



四渕さんのこれまでのご支援に心から感謝するとともに、

今後、松台さんには、全面的にお世話になるものと思うが、

新しく役をおつとめ頂くことを本当に有り難く思っている。







3)労働

労働者派遣制度が大幅に変わる可能性が出てきた。



====



派遣期間について

「1つの業務で最長3年」という現在の制限を撤廃する。



その代わり、労働者個人ごとに3年の制限を設ける。



3年を超えて派遣労働を使う場合は、

従業員の代表の意見を聞くこと。

(働く人を替えれば事実上何年でも、

派遣労働者に仕事を任せることができる)



これまで派遣期間に制限のなかった

通訳やソフトウエア開発など、

いわゆる「専門26業務」の枠組みを廃止。



このため逆に、

専門26業務で働く人は、

3年で職場を変わらなければならなくなる。



そのため新たな制度に移行するまでの経過措置を設ける。



この内容を盛りこんだ労働者派遣法の改正案を、

今の国会に提出する方向。



====



この改正では、労働者が尊厳ある個人というよりも、

働くための無機的な単位としての扱いが強まる可能性が高い。



====



昨日の、ある場所での意見交換で、

極めて意義深いことを言っていた方がいた。



「1970年安保の際、

資本家に労働者が搾取されるとの主張があった。



その頃、労働からの搾取という言葉に違和感があったし、

実感がなかった。



しかし21世紀の今になって、

労働からの搾取という言葉を実感する。



昔よりも今のほうが、労働環境が悪化している印象を受ける」



この方は、私よりも9歳年上だ。



最近の労働法制の改正は、

個々人の尊厳という発想が極めて薄く、

危うさを感ずる。







4)STAP細胞

幹細胞について、

たいへんな発見がネイチャーに発表された。



STAP細胞だ。



人工多能性幹細胞(iPS細胞)や

胚性幹細胞(ES細胞)とは違う簡単な作製法で、

使う際の安全性も優れているらしい。



人の細胞で作製できれば

再生医療への応用も期待される。



体細胞を弱い酸性の溶液に入れ、

刺激を与えて作った世界初の手法だという。



「刺激惹起性多能性獲得」の英語の頭文字から

STAP(スタップ)細胞と命名。







今日も、しっかりと前進します。

=============

         2014・1・30

=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 1月30日 その2352『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください